大多喜特産のタケノコを全国ブランドに!大多喜食品工房【大多喜町】

 つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。

千葉社長(右)と、関東エリアマネージャー・倉持さん

開発した『大多喜食品工房』の社長・千葉貞郎(さだお)さんは、同町・飯島勝美町長から特使に任命され、町おこしに携わっている。千葉さんは大手化学メーカーの役員を退任後、都内で会社を経営。大多喜町と仕事上の縁があり、地元のタケノコを活かそうと、同社を平成25年2月に創業した。
「西の京都、東の大多喜と言えるほど、大多喜のタケノコはえぐみがなく、やわらかで良質です。これを多くの方に通年で味わっていただけるよう、様々な商品化に挑みました」と、千葉さん。「高齢化するタケノコ農家を、今後とも継続させていく力になりたい」との思いもあった。町内の2か所の加工所でタケノコを水煮にし、給食センターへ納めるなど小売り・卸から始まり、『たけのこ肉まん』を商品化した。

ウリ坊まんウリ姫まんセット

 町長の依頼を受けて新たな商品を考えるにあたって、タケノコと並び、町内に解体場もあるイノシシの肉を活用すべく生まれたのが、『ウリ坊まん』だ。イノシシ肉のやや味に癖のあるイメージを払拭する狙いもある。千葉さんは『日本ジビエサミット』にも足を運び、全国のジビエ料理の動向などの研究を重ねた。イノシシの子どものウリ坊を模したデザインは、かわいらしさにこだわって作られた。目や鼻をつけるのはすべて手作業で、よく見るとそれぞれの表情が微妙に違う。猪年の平成31年1月、上野動物園の催しで販売した折には、1500個ほどが1日で売り切れた。その後、同社は上野動物園と共同開発で「パンダまん」を製作し、これも売れ行きは好調。もちろん、大多喜産のタケノコ入りだ。

パンダまん

 商品はほかにもレトルトの『大多喜カリー』『筍ごはんの素』など豊富な品揃え。大多喜駅前の『観光本陣』、『道の駅たけゆらの郷おおたき』で購入できる。『ウリ坊まん』は、夏期は『観光本陣』のみで土産用冷凍パックを販売。希望すれば店頭で蒸かしたものが食べられる(1個税込200円)。ペアでピンク色のあんまん『ウリ姫まん』とのセット商品もある。大多喜の旬の食材が家庭で手軽に味わえる商品の数々、1度お試しになってはいかがだろう。

●問合せ:大多喜食品工房 倉持さん Tel.090-8680-8041
 HP:http://www.otaki-takenoko.com
●問合せ:大多喜町観光本陣 Tel.0470-80-1146

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る