やってみよう! 災害時に役立つパッククッキング

 昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~』が開催され、9名が参加した。パッククッキングとは、食材を入れた耐熱性のポリ袋を鍋で湯煎する調理方法だ。「ポリ袋の中で調理し袋のまま食事するので、洗い物がほとんど出ません。鍋の水は何度も繰り返し使用できるという利点があります」と、推進員は説明する。
 メニューは、『野菜と魚肉ソーセージのカレー』と『ココア蒸しパン』。調理はまず材料を入れたポリ袋を準備する。分量は、1つの袋に1人分。『ご飯』は袋に米を入れ、少量の水でもみ洗いし水を捨てた後、適量の水を入れ浸水させる。水の分量を増やせばおかゆ、調味料や薄切りの野菜を入れれば炊き込みご飯もできる。次は、『野菜と魚肉ソーセージのカレー』。薄切りにしたジャガイモ・ニンジン・タマネギ、カットした魚肉ソーセージと缶詰のコーン、細かく刻んだカレールーと水をポリ袋に入れ、全体をなじませるように軽くもむ。「魚肉ソーセージは常温で保存でき、火を通さずに食べられるので、常備食として便利な食材です。パッククッキングでは生肉でも調理できます」とスタッフ。ご飯とカレーの袋は、熱がよく伝わるように中の空気をしっかり抜き、口を結ぶことがポイントだという。『ココア蒸しパン』は、袋に卵・牛乳・ホットケーキミックスなどの材料を入れ、粉っぽさがなくなるまでもみこんでいく。蒸しパンは膨らむので、空気を入れて口を結ぶ。
用意したポリ袋を沸騰した湯で30分加熱すると、ご飯にカレー、蒸しパンも、1つの鍋ですべて同時に出来上がった。「ビニールでご飯が炊けるなんて!こんなにおいしくできるとは思いませんでした」「ジャガイモとニンジンにも火がしっかり通っていました。いつもと違う切り方なので、体験してよかったです」「子どもとも楽しく作れそうです」と、参加者は初めて体験する調理法を楽しんだ様子だった。
 実習に加え、家庭での備えについての講義では、「災害発生から最低3日~1週間×家族の人数分の食料が必要なこと」「缶詰・レトルト・乾物などの常備品を少し多めに買い置きし、使っては補充するローリングストックのすすめ」などが話された。常備食をストックしておくことの大切さと、いざという時にその常備食を生かすための調理法を学び、参加者からは、「こんなにすばらしい調理方法がもっと広まればいいと思います」との声が上がった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る