マッチャキじーじ&ばーばの手作りスローライフ

 御宿町の高台にある住宅地で暮らす松崎彰夫さん(71)睦子さん(68)夫妻は、手作り雑貨が大好き。彰夫さんはワイヤークラフトと木工に夢中。睦子さんは手縫いの布小物作りを楽しんでいる。自宅に置かれた棚類やおしゃれなワイヤー雑貨、可愛い布小物が部屋をステキに演出している。凹凸感が温かみのある珪藻土の壁は2人で塗った。
 60歳の定年を機に、川崎市から移り住んだ松崎さん夫妻。「でも、家を購入してあったので、完全移住する前の約5年間は週末田舎暮らしを楽しんでいました」と話す睦子さん。若い頃から、「ちょっとした棚などは作っていた」彰夫さん、御宿に来てから「必要に迫られて」ワイヤークラフトを作り始めた。そして雑貨店で、いいなと思う物があれば、自分も作れるのではないかと、創作意欲に駆られ、様々なものをたくさん作ってきた。年に2回だけ、イベントに出店している。「作品が見たい」、「欲しい」という人たちの要望に応えて、自宅横に作品を展示したアトリエを増設。前日までに連絡をすればアトリエ内を見せてくれる。作品を見て、デザインやサイズを自分好みにオーダーする人や思い出の空き瓶を持ってきて「これで照明を作って」と依頼する人もいるとか。
 18歳になる愛猫と、のんびりとした生活を満喫する夫妻。「海が近いので、ロングボードをやっているんですが、最近は人が多くて海には入ってないんですよ。あと、地元の漁師さんに釣りを教わったりもしています」と、お茶目に笑う彰夫さん。睦子さんは、料理だけでなくお菓子作り、そして斜面を生かしたガーデニングも。紫を基調にした上品なガーデン。今の時期はバラの手入れに大忙し。「ここに来てからの方が友人が増えた」嬉しそうに話す彰夫さんだった。

問合せ 松崎さん
TEL 0470・68・5717

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る