マッチャキじーじ&ばーばの手作りスローライフ

 御宿町の高台にある住宅地で暮らす松崎彰夫さん(71)睦子さん(68)夫妻は、手作り雑貨が大好き。彰夫さんはワイヤークラフトと木工に夢中。睦子さんは手縫いの布小物作りを楽しんでいる。自宅に置かれた棚類やおしゃれなワイヤー雑貨、可愛い布小物が部屋をステキに演出している。凹凸感が温かみのある珪藻土の壁は2人で塗った。
 60歳の定年を機に、川崎市から移り住んだ松崎さん夫妻。「でも、家を購入してあったので、完全移住する前の約5年間は週末田舎暮らしを楽しんでいました」と話す睦子さん。若い頃から、「ちょっとした棚などは作っていた」彰夫さん、御宿に来てから「必要に迫られて」ワイヤークラフトを作り始めた。そして雑貨店で、いいなと思う物があれば、自分も作れるのではないかと、創作意欲に駆られ、様々なものをたくさん作ってきた。年に2回だけ、イベントに出店している。「作品が見たい」、「欲しい」という人たちの要望に応えて、自宅横に作品を展示したアトリエを増設。前日までに連絡をすればアトリエ内を見せてくれる。作品を見て、デザインやサイズを自分好みにオーダーする人や思い出の空き瓶を持ってきて「これで照明を作って」と依頼する人もいるとか。
 18歳になる愛猫と、のんびりとした生活を満喫する夫妻。「海が近いので、ロングボードをやっているんですが、最近は人が多くて海には入ってないんですよ。あと、地元の漁師さんに釣りを教わったりもしています」と、お茶目に笑う彰夫さん。睦子さんは、料理だけでなくお菓子作り、そして斜面を生かしたガーデニングも。紫を基調にした上品なガーデン。今の時期はバラの手入れに大忙し。「ここに来てからの方が友人が増えた」嬉しそうに話す彰夫さんだった。

問合せ 松崎さん
TEL 0470・68・5717

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  ハーブの苗を買ったら、育て方やハーブの活用法まで教えてもらえたり、石に好きな絵を思いのままに描いたり……お得な買い物や、楽しい体験、あった…
  2.  毎年5月、繁殖のために東南アジア方面から、日本に渡って来るサンコウチョウをご存知だろうか? オスの明るい水色のアイリングと嘴が熱帯を感じさ…
  3.  首都圏ほかで相次ぐ自粛要請が行われている、新型コロナウイルスの予防。3月下旬から、急に感染者数が増えています。  ウイルスは人が人に移す…
  4.  先日、家の片づけをしていたら、我が子たちが小さかった頃の写真が出てきました。どこかへ旅行に行ったときの写真なのでしょう。上の子が小学生で、…
  5.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  6. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  7.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  8.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  ハーブの苗を買ったら、育て方やハーブの活用法まで教えてもらえたり、石に好きな絵を思いのままに描いたり……お得な買い物や、楽しい体験、あった…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る