マッチャキじーじ&ばーばの手作りスローライフ

 御宿町の高台にある住宅地で暮らす松崎彰夫さん(71)睦子さん(68)夫妻は、手作り雑貨が大好き。彰夫さんはワイヤークラフトと木工に夢中。睦子さんは手縫いの布小物作りを楽しんでいる。自宅に置かれた棚類やおしゃれなワイヤー雑貨、可愛い布小物が部屋をステキに演出している。凹凸感が温かみのある珪藻土の壁は2人で塗った。
 60歳の定年を機に、川崎市から移り住んだ松崎さん夫妻。「でも、家を購入してあったので、完全移住する前の約5年間は週末田舎暮らしを楽しんでいました」と話す睦子さん。若い頃から、「ちょっとした棚などは作っていた」彰夫さん、御宿に来てから「必要に迫られて」ワイヤークラフトを作り始めた。そして雑貨店で、いいなと思う物があれば、自分も作れるのではないかと、創作意欲に駆られ、様々なものをたくさん作ってきた。年に2回だけ、イベントに出店している。「作品が見たい」、「欲しい」という人たちの要望に応えて、自宅横に作品を展示したアトリエを増設。前日までに連絡をすればアトリエ内を見せてくれる。作品を見て、デザインやサイズを自分好みにオーダーする人や思い出の空き瓶を持ってきて「これで照明を作って」と依頼する人もいるとか。
 18歳になる愛猫と、のんびりとした生活を満喫する夫妻。「海が近いので、ロングボードをやっているんですが、最近は人が多くて海には入ってないんですよ。あと、地元の漁師さんに釣りを教わったりもしています」と、お茶目に笑う彰夫さん。睦子さんは、料理だけでなくお菓子作り、そして斜面を生かしたガーデニングも。紫を基調にした上品なガーデン。今の時期はバラの手入れに大忙し。「ここに来てからの方が友人が増えた」嬉しそうに話す彰夫さんだった。

問合せ 松崎さん
TEL 0470・68・5717

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る