市原市で初の合気道道場が開設!

昨年11月23日、市原市廿五里(ついへいじ)の『養神館合気道 蒼龍道場』にて道場開き式が盛大に行われた。神事から奉納演武などを含めた式は約1時間。生憎の雨だったが100人以上の来賓を迎えた。
市原市で初の常設合気道道場であり、代表兼指導者を三橋亮さんが務める。三橋さんは16歳で合気道を始め、養神館合気道龍代表の安藤毎夫師範の元で修行を積み、昨年5月に独立し道場の開設に至った。地域の小中学校で子ども達に教える他、ロシアやフランスなど海外で合気道を学ぶ人々のために出張指導もしている。合気道は試合がなく、他の武道のように勝敗で結果が出るわけではない。緻密な動きを習得し、技を深めて相手を導き制する。実際に触れる人が少ないこの武道を広めることが、三橋さんの一番の願いである。
同道場での教室は、水金(一般10~11時)と土日(少年9時半~10時半、一般10時40分~11時40分)で開かれる。現在、幼稚園児から70歳までと幅広い世代が所属していて年齢を問わず生徒を募集している。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る