ボイルでジューシーな焼豚作り

 ちはら台コミュニティセンター主催の『男のこだわり料理』講座が、昨秋、開催された。講師は八幡にある自家製ドイツハム・ソーセージ店の西野浩一さん。男性12名が参加し、ボイルで仕上げる焼豚作りを学んだ。
 まずは前半の工程を西野さんが解説しながら実演。肩ロースのブロックに、塩コショウを強めに振り、手で良くすりこむ。肉の角をなくすように、均一に柔らかめに糸をかけたら、密閉袋へ肉の重さの2割の調味液と肉を入れ、空気を抜いて最低一晩なじませる。味のしみた肉を、フライパンで全面に素早く焦げ目をつけたら、冷凍庫で1020分、冷蔵庫で30分冷却する(本来は一晩冷却)。
 西野さんは「過熱時に傷から肉汁がでてしまうので、フォークなどで肉は突つかない」「下味は市販の塩味コショウ、調味液は焼肉のタレが簡単」「肉は強火で、サイドまで一気に焼く。肉を焼いた後に野菜炒めを作るのもオススメ」「室温で冷ますと余熱で火が通ってしまうのでNG」と様々にアドバイス。参加者も肉の種類や選び方、味付けの仕方など、熱心に質問。
 次に、事前に漬込まれた肉を参加者がフライパンで焼く作業へ。香ばしい匂いが上がるなか、焦げすぎなど火加減に苦労する人も。こんがり焼き上げた肉は冷却したのち、耐熱袋に入れて空気を抜き、輪ゴムで止める。70度75度のお湯で約1時間ボイルし、袋に入れたまま流水で冷却すれば完成。ポイントは肉の中心温度が約70度になるまでボイルすること。「棒状の温度計を使い、しっかり温度管理をすれば、同じ方法でジューシーで柔らかいローストビーフ、ローストチキン、角煮もできます。一緒の鍋でボイルすれば一度に仕上がりますから、パーティなどに便利ですよ」と西野さん。試食した参加者は「これは柔らかくて美味しい」「今夜の食事が凄く楽しみです」と嬉しそうに持ち帰った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る