氷の上で楽しさ競う

氷の上で楽しさ競う

 2月3日(日)、姉崎公園スケート場で『第23回市民スケート大会』が行われ53名が参加した。主催は市原市教育委員会と(財)市原市体育協会。当日は天候に恵まれたが、前日の高気温と風の影響によりリンクスタッフが徹夜でリンクの整備にあたったそうだ。開会式ではスケート協会会長、市議会議長の菊池洋巳さんが「友達をいっぱい作って、親睦を深めて下さい」とあいさつをした。 
「頑張れー」、「本気だよ、本気」家族や友達の声援が飛ぶ中、スイスイと上手に滑る子もおそるおそる歩く子もみんなそれぞれのペースでスケートを楽しんだ。スタート時にふらついて止まることができず、何度もフライングする姿も。スタッフに付き添われながら大幅に遅れてゴールする子には観客からのあたたかい拍手が。ペア競技では兄妹で参加している微笑ましい姿も見られた。
 今大会では、個人の部で4名が二冠を勝ち取るという快挙を成し遂げた。
小学生男子低学年の部300メートル、500メートルをスピード感のある滑りで制したのは4歳からアイスホッケーを習っているという藤木良太くん(牧園小1年)。小学生女子低学年の部300メートル、500メートルの勝者である田中萌夏さん(京葉小3年)は1年生の頃から当スケート場のサンデー教室に1シーズン4、5回ほど通っているという。「去年は3位だったのでうれしい」と笑顔。小学生男子高学年の部300メートル、500メートル優勝の吉澤将くん(明神小6年)はスケート協会の教室に通っており、何と4連覇。また、成年男子500メートル、1000メートルの優勝メダルは吉野大三郎さんの手に。「3月で72歳になる私が優勝できたのは日々のトレーニングと諸先輩方のおかげです」と話した。今回が8回目の出場でほぼ毎年優勝しているとか。
 昼食後のアトラクションでは、磁石をつけた魚の絵を釣り上げる『氷上魚釣りゲーム』と『ミニホッケーリレー』が行われた。「難しい~」と四苦八苦している子も、終了後に参加賞のお菓子と文房具をもらってご機嫌。アトラクションのみ参加している子も。とてもほのぼのとした大会だった。
「転ばないで一周できれば参加できます。来年もあるので、気軽にご参加下さい」と市原市スケート協会事務局の武石誠さん(59)。
 他の優勝者は以下の通り(敬称略)。小学生女子高学年の部300メートル・榎本陽香(白幡小5年)/500メートル・西川美桜(有秋東小5年)/ペア競技・西川由利子、西川美桜ペア/家族リレー・杉江規親、彩奈、真輝/団体対抗リレー・姉崎小Aチーム(美好結衣、朝倉拓海、佐藤龍一、田丸瑞穂、菅澤奎大)
問い合わせ 市原市スケート協会

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る