氷の上で楽しさ競う

氷の上で楽しさ競う

 2月3日(日)、姉崎公園スケート場で『第23回市民スケート大会』が行われ53名が参加した。主催は市原市教育委員会と(財)市原市体育協会。当日は天候に恵まれたが、前日の高気温と風の影響によりリンクスタッフが徹夜でリンクの整備にあたったそうだ。開会式ではスケート協会会長、市議会議長の菊池洋巳さんが「友達をいっぱい作って、親睦を深めて下さい」とあいさつをした。 
「頑張れー」、「本気だよ、本気」家族や友達の声援が飛ぶ中、スイスイと上手に滑る子もおそるおそる歩く子もみんなそれぞれのペースでスケートを楽しんだ。スタート時にふらついて止まることができず、何度もフライングする姿も。スタッフに付き添われながら大幅に遅れてゴールする子には観客からのあたたかい拍手が。ペア競技では兄妹で参加している微笑ましい姿も見られた。
 今大会では、個人の部で4名が二冠を勝ち取るという快挙を成し遂げた。
小学生男子低学年の部300メートル、500メートルをスピード感のある滑りで制したのは4歳からアイスホッケーを習っているという藤木良太くん(牧園小1年)。小学生女子低学年の部300メートル、500メートルの勝者である田中萌夏さん(京葉小3年)は1年生の頃から当スケート場のサンデー教室に1シーズン4、5回ほど通っているという。「去年は3位だったのでうれしい」と笑顔。小学生男子高学年の部300メートル、500メートル優勝の吉澤将くん(明神小6年)はスケート協会の教室に通っており、何と4連覇。また、成年男子500メートル、1000メートルの優勝メダルは吉野大三郎さんの手に。「3月で72歳になる私が優勝できたのは日々のトレーニングと諸先輩方のおかげです」と話した。今回が8回目の出場でほぼ毎年優勝しているとか。
 昼食後のアトラクションでは、磁石をつけた魚の絵を釣り上げる『氷上魚釣りゲーム』と『ミニホッケーリレー』が行われた。「難しい~」と四苦八苦している子も、終了後に参加賞のお菓子と文房具をもらってご機嫌。アトラクションのみ参加している子も。とてもほのぼのとした大会だった。
「転ばないで一周できれば参加できます。来年もあるので、気軽にご参加下さい」と市原市スケート協会事務局の武石誠さん(59)。
 他の優勝者は以下の通り(敬称略)。小学生女子高学年の部300メートル・榎本陽香(白幡小5年)/500メートル・西川美桜(有秋東小5年)/ペア競技・西川由利子、西川美桜ペア/家族リレー・杉江規親、彩奈、真輝/団体対抗リレー・姉崎小Aチーム(美好結衣、朝倉拓海、佐藤龍一、田丸瑞穂、菅澤奎大)
問い合わせ 市原市スケート協会

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る