太陽が消えた黄砂の大都会

太陽が消えた黄砂の大都会
俳画と文 松下佳紀

黄砂は中国大陸の砂塵が季節風により吹き上げられ、日本に飛来してきたものだ。空は黄濁し、万物に降りかかる。私は若い頃、太陽が消え、人の群れやビルがかすむ息苦しいほどの黄砂を東京で見た。その頃は一自然現象として驚くだけだった▼しかし今年は違う。中国都市部に深刻な大気汚染が発生し、それが黄砂と共に日本に流れこみ、我々をしばし不安にさらしたからだ。最近はマスクをする人が目立つが、黄砂に限らず排気ガスや風疹の菌、杉花粉まで恐いのだ▼科学技術や経済の発展に伴い自然は破壊され、環境の汚染度は増す。人類がこれ以上の物質的欲望を追い求めるならば、地球は更に砂漠化し、太陽は死に、我々は黄砂に埋葬されてしまうだろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る