球界初! 埼玉県千葉県による共同企画!

球界初! 埼玉県千葉県による共同企画!
「埼玉vs千葉 ライバルシリーズ」開催決定!
埼玉・千葉それぞれのプライドをかけて両チームが激突!

埼玉西武ライオンズと千葉ロッテマリーンズは、「埼玉VS千葉ライバルシリーズ」の開催を決定した。ライオンズ及びマリーンズそれぞれの本拠地をより一層盛り上げようという趣旨の下、埼玉県及び千葉県からの全面的な協力を受け、両県の特徴を前面に押し出した対決企画が実現。
「埼玉VS千葉ライバルシリーズ」では、埼玉西武ライオンズが埼玉県章をデザインした「Saitama」ユニフォームを、千葉ロッテマリーンズが胸に大きく「CHIBA」がデザインされたCHIBAユニフォームを着用して西武ドームで3試合、QVCマリンフィールドで3試合の計6試合を戦う。ポスターは、それぞれのユニフォームを着用した両監督が、お互いの本拠地を背負って戦う決意を表したデザイン。また、本シリーズは、勝利したチームのファンに両県の特産品をプレゼントするなど、埼玉県、及び千葉県の特徴を、野球ファンのみならず多くの人にアピールする企画も実施。その他にも本シリーズを盛り上げる様々な企画を用意している。
球界初の試みとしての、埼玉県、千葉県、埼玉西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ4者による共同企画「埼玉VS千葉ライバルシリーズ」に期待しよう。
◆千葉ロッテマリーンズ 伊東勤監督コメント
「千葉ロッテマリーンズはQVCマリンフィールドで行われる日曜日の試合を中心にCHIBAユニフォームを着用してプレーをしています。ファンの間でも大変、好評で選手たちも地元・千葉へのプライドを胸にプレーをしているのが、よく分かります。今回、ライオンズが「Saitama」ユニフォームを着用し、我々が「CHIBA」ユニフォームを着用して、お互いの県の誇りをかけて闘うライバルシリーズという企画は、とても斬新で素晴らしいものになるのではと思います。また、同時に県を代表して闘うわけですから、気が引き締まる思いです。今回のシリーズでは日ごろ、あまり野球に興味がない方にも応援していただき、千葉県民全体で一つになって埼玉西武ライオンズと対戦できればと思っています」

埼玉VS千葉ライバルシリーズ※今回はホーム開催が西武ドームから始まるため埼玉VS千葉とした。
【実施内容】「Saitama」ユニフォーム、CHIBAユニフォームの着用、埼玉県及び千葉県特産品のファンプレゼント、埼玉県および千葉県グルメ展の開催等を予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  森や川に生息する動植物などを観察し、親子で自然を楽しみましょう!4月27日(土)、9月7日(土)、11月9日(土)の全3回に渡って行い、講…
  2.  いつの間にか春も盛り。寒いうちに庭木に寒肥(肥料)を与えておこうと思ったのに遅くなってしまいました。寒い時は庭仕事がどうしても億劫になって…
  3. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…
  4. 『リーダーハーフェン』は1982年結成の男声合唱団で、42年間その歌声を響かせてきた。構成は、トップテノール・セカンドテノール・バリトン・…
  5.  多くの映画ファンを虜(とりこ)にした女優オードリー・ヘプバーンを、前半・後半と2回に分けて掲載します。ヘプバーンは今でも日本や欧米諸国で人…
  6.  昔から『言葉3割、行動7割』という言葉があります。「子どもは親の言うことの3割までしか身に付けないが、親の行うことはその7割以上を身に付け…
  7.  市原市姉崎小学校を拠点に活動している剣道『錬心舘市原道場』。設立は1987年と長い歴史を持ち、小中学生を中心にこれまで数多くの卒業生を育て…
  8. 【写真】本須賀海岸(当写真は特別な許可を得て撮影しています)  マリンアクティビティのイメージが強い九十九里エリア。成田国…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る