球界初! 埼玉県千葉県による共同企画!

球界初! 埼玉県千葉県による共同企画!
「埼玉vs千葉 ライバルシリーズ」開催決定!
埼玉・千葉それぞれのプライドをかけて両チームが激突!

埼玉西武ライオンズと千葉ロッテマリーンズは、「埼玉VS千葉ライバルシリーズ」の開催を決定した。ライオンズ及びマリーンズそれぞれの本拠地をより一層盛り上げようという趣旨の下、埼玉県及び千葉県からの全面的な協力を受け、両県の特徴を前面に押し出した対決企画が実現。
「埼玉VS千葉ライバルシリーズ」では、埼玉西武ライオンズが埼玉県章をデザインした「Saitama」ユニフォームを、千葉ロッテマリーンズが胸に大きく「CHIBA」がデザインされたCHIBAユニフォームを着用して西武ドームで3試合、QVCマリンフィールドで3試合の計6試合を戦う。ポスターは、それぞれのユニフォームを着用した両監督が、お互いの本拠地を背負って戦う決意を表したデザイン。また、本シリーズは、勝利したチームのファンに両県の特産品をプレゼントするなど、埼玉県、及び千葉県の特徴を、野球ファンのみならず多くの人にアピールする企画も実施。その他にも本シリーズを盛り上げる様々な企画を用意している。
球界初の試みとしての、埼玉県、千葉県、埼玉西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ4者による共同企画「埼玉VS千葉ライバルシリーズ」に期待しよう。
◆千葉ロッテマリーンズ 伊東勤監督コメント
「千葉ロッテマリーンズはQVCマリンフィールドで行われる日曜日の試合を中心にCHIBAユニフォームを着用してプレーをしています。ファンの間でも大変、好評で選手たちも地元・千葉へのプライドを胸にプレーをしているのが、よく分かります。今回、ライオンズが「Saitama」ユニフォームを着用し、我々が「CHIBA」ユニフォームを着用して、お互いの県の誇りをかけて闘うライバルシリーズという企画は、とても斬新で素晴らしいものになるのではと思います。また、同時に県を代表して闘うわけですから、気が引き締まる思いです。今回のシリーズでは日ごろ、あまり野球に興味がない方にも応援していただき、千葉県民全体で一つになって埼玉西武ライオンズと対戦できればと思っています」

埼玉VS千葉ライバルシリーズ※今回はホーム開催が西武ドームから始まるため埼玉VS千葉とした。
【実施内容】「Saitama」ユニフォーム、CHIBAユニフォームの着用、埼玉県及び千葉県特産品のファンプレゼント、埼玉県および千葉県グルメ展の開催等を予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る