球界初! 埼玉県千葉県による共同企画!

球界初! 埼玉県千葉県による共同企画!
「埼玉vs千葉 ライバルシリーズ」開催決定!
埼玉・千葉それぞれのプライドをかけて両チームが激突!

埼玉西武ライオンズと千葉ロッテマリーンズは、「埼玉VS千葉ライバルシリーズ」の開催を決定した。ライオンズ及びマリーンズそれぞれの本拠地をより一層盛り上げようという趣旨の下、埼玉県及び千葉県からの全面的な協力を受け、両県の特徴を前面に押し出した対決企画が実現。
「埼玉VS千葉ライバルシリーズ」では、埼玉西武ライオンズが埼玉県章をデザインした「Saitama」ユニフォームを、千葉ロッテマリーンズが胸に大きく「CHIBA」がデザインされたCHIBAユニフォームを着用して西武ドームで3試合、QVCマリンフィールドで3試合の計6試合を戦う。ポスターは、それぞれのユニフォームを着用した両監督が、お互いの本拠地を背負って戦う決意を表したデザイン。また、本シリーズは、勝利したチームのファンに両県の特産品をプレゼントするなど、埼玉県、及び千葉県の特徴を、野球ファンのみならず多くの人にアピールする企画も実施。その他にも本シリーズを盛り上げる様々な企画を用意している。
球界初の試みとしての、埼玉県、千葉県、埼玉西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ4者による共同企画「埼玉VS千葉ライバルシリーズ」に期待しよう。
◆千葉ロッテマリーンズ 伊東勤監督コメント
「千葉ロッテマリーンズはQVCマリンフィールドで行われる日曜日の試合を中心にCHIBAユニフォームを着用してプレーをしています。ファンの間でも大変、好評で選手たちも地元・千葉へのプライドを胸にプレーをしているのが、よく分かります。今回、ライオンズが「Saitama」ユニフォームを着用し、我々が「CHIBA」ユニフォームを着用して、お互いの県の誇りをかけて闘うライバルシリーズという企画は、とても斬新で素晴らしいものになるのではと思います。また、同時に県を代表して闘うわけですから、気が引き締まる思いです。今回のシリーズでは日ごろ、あまり野球に興味がない方にも応援していただき、千葉県民全体で一つになって埼玉西武ライオンズと対戦できればと思っています」

埼玉VS千葉ライバルシリーズ※今回はホーム開催が西武ドームから始まるため埼玉VS千葉とした。
【実施内容】「Saitama」ユニフォーム、CHIBAユニフォームの着用、埼玉県及び千葉県特産品のファンプレゼント、埼玉県および千葉県グルメ展の開催等を予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る