去年の秋から建て始めた小屋作りもやっと終わり、今は家の南側の庭作りを始めています。ここは、自分の理想の庭づくりに満足のいく広さがあり、日光も十分に差し込むので我が家のメインガーデンになる予定です。どのようなテーマで庭作りをしようか、どんな新しい植物を植えようか?と、様々なアイデアが浮かんできます。

 思えばこの山の土地に越して来てから、分からない事だらけでたくさんの失敗や試行錯誤を繰り返しました。今まで家のまわりの各方向の日光量など気にしたこともなく、夏と冬とではこれほどまでに太陽の軌道に違いがある事も分かっていませんでした。土に至っては、山土は酸性度から粘性度合いまで花壇とはまったく違うため、しっかり土作りをしないとせっかく購入し植えた苗を枯らしてしまう事も幾度となくありました。虫に薔薇の葉をことごとく食べられ、花が咲かない事もありました。種を撒くところから始めた西洋芝も、日本の湿気と暑さには敵わず、すっかりと枯れ果ててしまいました。そんな悔しい想いをするたびに、英国に庭の勉強に行った際、講師のガーデナーに言われた言葉が蘇ります。「失敗を恐れない事。庭づくりに近道はないのです」

 そして失敗の数々を糧にした南側の庭作りは始まりました。この場所は比較的難易度の高い常緑樹、落葉樹、多年草や一年草、それから球根などを織り交ぜた、イギリス田園風の庭にしようかと考えています。イングリッシュガーデンは樹木を主体とする事から始まります。まずは畑に植えてあった木々を活用して移植し、挿し木で増やしたローズマリーやラベンダーなどのブッシュをその周りに植え、高低差や色の配置を確かめ、将来それぞれの植物がどれ位の大きさになるかを想像します。2〜3年後にはきっと素敵なイングリッシュガーデンになっている事を夢見ながら。

 

◇長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る