フードロスを考えよう

まだ食べられるのに廃棄される
フードロスを考えよう

 最近耳にする『フードロス』という言葉。まだ食べられるのに廃棄されてしまう食品のことだ。日本では年間2000万トン近い食品が廃棄され、そのうちまだ食べられるものが500万~800万トン含まれる。これは1年間に日本で生産される米の量に匹敵するのだそうだ。そんなフードロスを考える講演会『フードロスを考える~もったいないからありがとうへ~』が、講師に女子栄養大学非常勤講師でセカンドハーベスト・ジャパン広報として活躍する井出留美さんを招き、9月8日(日)、東金商工会館で開催された。
 フードロスのうちわけは、家庭からと企業から出されるものが半々。過剰購入、包装の不具合、季節商品やキャンペーンの終了、商品の回転が遅い、食品表示の問題などが考えられる。また野菜の規格外、大量生産などもフードロスが生じる原因だという。
 改善策として井出さんは、「賞味期限などの表示方法の見直しや消費者への理解促進が重要」と話す。一般家庭でも、不要なものは買わない、賞味(消費)期限を気にしすぎない。またフードドライブと呼ばれる「食品加工工場をはじめ農家や個人から様々な理由で廃棄される食品を引き取り、福祉施設や児童擁護施設、またはホームレスの炊き出しなど必要としている人に届けるフードバンク活動も手段のひとつとして知ってほしい」とも。
 井出さんが広報を務めるセカンドハーベスト・ジャパンやフードバンク千葉では、余っている食べ物を困っている人へ届ける活動を行っている。「今日を機会に何かの形で参加していただけるとありがたいです」と井出さんは結んだ。会場にはフードドライブコーナーが設けられ、参加者が持ち寄った食品が集められていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る