いちじくジャム&パイ

旬の食材
いちじくジャム&パイ

 9月29日、国分寺公民館で『たけうちさん家のおいしいレシピ』と題した料理教室が行われ、地元のいちじくを使ったジャムとパイを作った。講師は市内在住の武内美和子さん。
 レシピは次の通り。『いちじくジャム(200gの瓶2本分)』皮をむきカットしたイチジク450g、砂糖260g、レモン汁大さじ1を鍋に入れて強火にかけ、かき混ぜながら15分程煮る。アクすくいも忘れずに。おたまですくった時にトロッとした感じになればOK。『パイ生地』ボールに薄力粉200g、強力粉100g、ケーキ用マーガリン200g、塩ひとつまみを入れる。包丁でマーガリンを切りながら粉をまぶしていく。さらに卵黄1個と水約160ccを少しずつ様子をみながら加え、菜箸でグルグルとかき混ぜる。マーガリンは残っていてよいので混ぜすぎないように。粉がそぼろ状になってきたら打ち粉をし、生地をラップ2枚で挟み麺棒で伸ばす。畳む、伸ばすを5回くらい繰り返す。回数が多いほどバターが生地に入り込み、パイの層がたくさんできるのだそう。そして畳んでラップにくるみ、冷蔵庫で30分程度冷やす。生地を取り出したら再び薄く伸ばし、約8cm四方にカット。折り畳む、切り込みを入れる、フォークで模様をつけるなどオシャレに成形し、ジャムをのせて220度に予熱したオーブンで20分程焼けば出来上がり!さわやかなジャムにサックサクのパイがマッチした旬のスイーツ、作ってみてはいかが?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る