市原ポニーベースボールクラブ

市原ポニーベースボールクラブ
球児インタビュー vol.19

藤田雅也(ファースト)(写真右)
ちはら台南中学校2年

「プロ野球を見ていて面白そうだと小3から野球を始めた。ポニーには中1から入り、今は弟も入っている。1年ぐらいケガしていて今はCチームなんで早くAチームに上がり、チームの勝利に貢献したい。ポニーに入ってから技術の上達はもちろん、礼儀を身につけ、道具の大切さも学べたと思う。好きな球団は地元のロッテ。観戦に行ってテレビでは映らない外野手の動きなどが見られて良かった。自主トレはポニーのメニューとケガしてた足のストレッチ。高校に行っても野球は続けたい。将来は野球関係の仕事に就きたい」 (談)

今泉優輝(ショート)(写真左)
ちはら台西中学校2年

「ポニーに入り少年野球の時はそんなに声を出さなかったのが、よく声出しするようになった。技術的にも成長できたと思う。この春まで陸上部に入っていたけれど、野球に集中したくてやめた。自分のウリは積極的な走塁。目標は守備範囲が狭いので広くして、自分の所に来たボールに対応したい。好きな選手は巨人の坂本。同じショートでバッティングも良くて足も速いから。憧れの存在はイチロー。ヒットがすごいし、スランプの時も自分に対して厳しいから。高校に入っても野球は続けたい。趣味は音楽を聴くことと読書」  (談)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る