バレリーナ気分でストレッチ

バレリーナ気分でストレッチ

「運動しなくちゃ、でもなかなか…」という人に身体を動かす機会を持ってもらおうと、市原市『健康いちはら21』計画推進事業の一環として平成17年度から『元気はつらつ運動教室』が行われている。4コースあるうちの一つ、保健センターで9月から始まった『エレガンス・ストレッチ』6回シリーズの第2回目を取材した。講師は『MAIバレエアカデミー』主宰の元橋舞さん。
 鼻から大きく吸って口から吐く呼吸法で、身体中の筋肉にたっぷりと酸素を送る。心身共にリラックスさせるために目を閉じ無理をせず、気持ちのいいところで止めるストレッチをゆっくりと行う。呼吸を止めず一つの動作を20秒くらいキープしながら、太もも前、裏側、アキレス腱など様々な部位を伸ばしていく。
 腹筋、背筋と二の腕の後ろ側の筋肉をひきしめる筋トレの後、いよいよバレエの要素を採り入れたエレガンスなストレッチに。バーの代わりに畳んだ長机につかまり、つま先に重心、踵を少し浮かせる。身体を筒状にして上に引っ張り上げられる感じ。膝は閉じて目線は5メートル先。バレエ特有の左右足のつま先とかかとを重ねて膝を曲げ伸ばししたり、手で体の前に球体を抱え込むようなストレッチも行った。「指、爪の先まで身体がバランスよく伸びている感じがして気持ちいいです」と参加者。容姿端麗な元橋さんを真似て姿勢をピンと伸ばしたら、気分はちょっとバレリーナ?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る