ご当地キャラクター 『あねぼん』のダスキンマット

ご当地キャラクター
『あねぼん』のダスキンマット

『チーバくん』、『ふなっしー』などご当地ゆるキャラが大人気の中で意外と知られていない姉崎の『あねぼん』。姉崎門前市のマスコットキャラクターとして2007年10月に生まれ、みうらじゅんの『ゆるキャラアワード2009』では準グランプリに選ばれた。
 妙経寺の梵鐘をモチーフに作られ、右手に持っているピコピコハンマーは鐘をつく撞木の代わりだそう。そんな『あねぼん』がダスキンの玄関マットになって登場。姉崎の町おこしにつながればと採用した株式会社エアーズ、ダスキン姉崎代表取締役の大槻祐介さんは話す。
「姉崎は小さいけれど『おらがまち』意識の強い、良い意味でのムラ社会が根強く残っている地域。上下関係が厳しく、人と人との結束力も固いです。そんな姉崎だからこそ地元の一風変わったキャラクターをもっと生かし、姉崎経済の活性化につながればと考えています。何でもない商品でも少し頭をひねれば繁盛につながるヒントが見つかるものです。地域の人の足が少しでも姉崎地区に並ぶ店舗に向いてくれたら」また、「よそから来た人が姉ケ崎駅に降り立って『あねぼん』の銅像を見つけ、ふらっと立ち寄った飲食店で『あねぼん』マットを目にして『あねぼん』定食を食べる。面白いじゃないですか」
 実は既に『あねぼん』キャラグッズは他にも存在している。ストラップや缶バッジ、ケーキと焼き菓子のお店『ゴット』の『あねぼんサブレ』、宝生堂ではステッカーも。9月頭から提供開始のダスキン『あねぼん』玄関マット、売れ行きは好調だという。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る