房総往来

房総往来 アクア→圏央道
山里吾郎
 

 東京湾アクアラインの通行料金800円(普通車)が4月からも継続されることになった。千葉、東京、神奈川。湾岸一帯の利用者にとって朗報だ。昨年4月に開通した圏央道とも連結、市原市南部も首都圏との距離がぐっと縮まった。そんな利便性を実感しようと、アクアラインから圏央道へ、陽光まばゆい冬のドライブとしゃれ込んだ▼早朝、市原ICから川崎方面を目指す。まずはお決まりの海ほたるで小休止。観光客でごった返す中、展望デッキから風の塔方面を見渡す洋上の眺めに思わずシャッターを切る▼海ほたるの混雑にちょっと逡巡したが、このままUターンするのも能がないとそのまま横浜方面へ。中華街で早めの昼食を楽しみ、みやげ店を2、3軒のぞいたがどの店、通りも大渋滞。散策もほどほどに帰路のハンドルを握った▼もう一つの目的であるアクアラインからそのまま圏央道に乗り入れ、市原鶴舞ICを経由して一気に茂原、東金方面まで走り抜ける。ほとんど渋滞のない快適走行に「これなら内房ばかりか外房・九十九里方面からも首都圏がぐっと近距離に」…その利便性を実感した▼アクアラインの値下げ実験がスタートしたのは5年前の平成21年。普通車で3000円の料金が約4分の1の800円に。失礼な言い方をお許し願うなら、森田知事にとって「唯一最大の公約」は予想以上の効果をもたらしている。市原市では3月から南部の加茂地区を中心に市制50周年のアートミックスが計画されている。圏央道との相乗効果で念願の地域活性化に結びつくことを大いに期待したい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  私が生まれ育ったのは、東北地方のある小さな港町。浜辺でよく綺麗な形をした貝殻や、青や緑色をした石のようなガラス玉を見つけて遊んでいた記憶が…
  2.  雑木林を散策すると、頭上の枝先に筆先のようなものが観られることがある。長さ2~3センチ、白っぽい軟毛に覆われている。3月に花開くコブシの花…
  3.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  4. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  5. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  6.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  7.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  8.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る