房総往来

房総往来 アクア→圏央道
山里吾郎
 

 東京湾アクアラインの通行料金800円(普通車)が4月からも継続されることになった。千葉、東京、神奈川。湾岸一帯の利用者にとって朗報だ。昨年4月に開通した圏央道とも連結、市原市南部も首都圏との距離がぐっと縮まった。そんな利便性を実感しようと、アクアラインから圏央道へ、陽光まばゆい冬のドライブとしゃれ込んだ▼早朝、市原ICから川崎方面を目指す。まずはお決まりの海ほたるで小休止。観光客でごった返す中、展望デッキから風の塔方面を見渡す洋上の眺めに思わずシャッターを切る▼海ほたるの混雑にちょっと逡巡したが、このままUターンするのも能がないとそのまま横浜方面へ。中華街で早めの昼食を楽しみ、みやげ店を2、3軒のぞいたがどの店、通りも大渋滞。散策もほどほどに帰路のハンドルを握った▼もう一つの目的であるアクアラインからそのまま圏央道に乗り入れ、市原鶴舞ICを経由して一気に茂原、東金方面まで走り抜ける。ほとんど渋滞のない快適走行に「これなら内房ばかりか外房・九十九里方面からも首都圏がぐっと近距離に」…その利便性を実感した▼アクアラインの値下げ実験がスタートしたのは5年前の平成21年。普通車で3000円の料金が約4分の1の800円に。失礼な言い方をお許し願うなら、森田知事にとって「唯一最大の公約」は予想以上の効果をもたらしている。市原市では3月から南部の加茂地区を中心に市制50周年のアートミックスが計画されている。圏央道との相乗効果で念願の地域活性化に結びつくことを大いに期待したい。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る