視覚障がい者 薬膳料理に腕を振るう

「メニューは更年期障害に効くクチナシを使ったムカゴご飯、風邪予防になるレンコンのお吸い物、目にいいクコの実入りニラ玉、タラのあけぼの煮、きな粉豆乳蒸しパン」とレシピを説明したのは講師の薬膳料理研究家木村みどりさん。
 1月21日、市原市保健センターで市原市福祉会館主催『視覚障がい者料理教室』が開催された。参加したのは視覚障がい者10人。同館職員3人と「利用者に会うと励みになる」と話す『市原朗読の会』と『点訳奉仕会なの花』の会員6人がサポートした。
 慣れない場所なので調理器具や材料の確認には手助けがいるが、普段から食事作りをするという参加者が多く、手際がいい。「家では手で量り、勘を頼りに味付けする」というベテラン主婦も、「50cc刻みの計量カップを持っている。一定量の出る調味料入れを使用し、液体を容器に注ぐときは下にトレーを敷くといい」と話す料理好きの女性も、切る、混ぜる、焼くなどの作業をテキパキとこなす。「彩りのある料理は家族が喜ぶ」、「点字ブロックを利用して村上から1時間半歩いてきた」とおしゃべりをする余裕もあった。完成した料理の味は「おいしい」との感想ばかり。辰巳台に住む女性は「こうした集まりに出ると自分ひとりではないと感じる」と楽しそうに家路についた。
 同館は視覚障がい者向けにパソコン教室など社会適応訓練も企画する。昨年12月にはアリオ市原で歩行訓練を行った。「今後は計量法など基本を学ぶ料理教室も開催したい」と担当の篠田さんが話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る