道で寝る

文と絵 山口高弘

 商店街の向こうに青空が見える。道路は細くまっすぐで、午後の陽が暖かく照らしています。僕が目当てのラーメン屋へ歩いていると、向こうで通行人が滞っている所がありました。みな何かをよけて歩いている。それは一匹の犬でした。
 ある商店の電柱につながれたビーグル犬が、道に横たわって寝ていたのです。その寝方がすさまじく、車道に頭がはみ出んばかりです。通行人は仕方なく犬の頭の上を跨ぐように歩いていきます。自転車だって通る。でも犬は目覚めない。春の陽を吸い込んだアスファルトの温度を体の半分で味わって、残りの半分は直射日光を浴びて、ゆっくりと横っ腹を上下させています。近くの踏切からタクシーが苛立ったようにびゅんと通り過ぎました。危ない!タイヤから犬の頭まで40センチも離れていません。それでも犬は動かない。
 僕も犬の前を通り過ぎましたが、気になって振り返りました。「なにも命がけで眠ることないじゃないか」と問えば、「うるさいなあ、死ぬほど眠いんだよ、いま」とでも言い返しそうでした。
 ラーメン屋からの帰り道。犬は起きていました。通行人が餌をやって頭をなでて行きました。僕が近づくとハッハッと媚びた顔で起き上がり、「なでろ」とせかします。携帯電話のカメラを向けると次々とキメのポーズをとる。踏切と青空をバックに、愛らしい写真が撮れました。すると犬は、餌をねだりました。「菓子はいま持ってないよ」と謝ってその腹を見ると、ぽってりと腹だけ太っている。こいつ。おねだりするプロだな。
 犬を通り過ぎて踏切を渡る時、気づきました。危なっかしい、マイペース、可愛げがある…ちゃっかり者!あの犬こそ処世術の先生じゃないか。振り返ると先生は、やっぱり車道すれすれに寝そべって、腹をゆっくり上下させていました。

☆山口高弘 1981年市原生まれ。
小学4年秋~1年半、毎週、千葉日報紙上で父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月~イラストを連載。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る