道で寝る

文と絵 山口高弘

 商店街の向こうに青空が見える。道路は細くまっすぐで、午後の陽が暖かく照らしています。僕が目当てのラーメン屋へ歩いていると、向こうで通行人が滞っている所がありました。みな何かをよけて歩いている。それは一匹の犬でした。
 ある商店の電柱につながれたビーグル犬が、道に横たわって寝ていたのです。その寝方がすさまじく、車道に頭がはみ出んばかりです。通行人は仕方なく犬の頭の上を跨ぐように歩いていきます。自転車だって通る。でも犬は目覚めない。春の陽を吸い込んだアスファルトの温度を体の半分で味わって、残りの半分は直射日光を浴びて、ゆっくりと横っ腹を上下させています。近くの踏切からタクシーが苛立ったようにびゅんと通り過ぎました。危ない!タイヤから犬の頭まで40センチも離れていません。それでも犬は動かない。
 僕も犬の前を通り過ぎましたが、気になって振り返りました。「なにも命がけで眠ることないじゃないか」と問えば、「うるさいなあ、死ぬほど眠いんだよ、いま」とでも言い返しそうでした。
 ラーメン屋からの帰り道。犬は起きていました。通行人が餌をやって頭をなでて行きました。僕が近づくとハッハッと媚びた顔で起き上がり、「なでろ」とせかします。携帯電話のカメラを向けると次々とキメのポーズをとる。踏切と青空をバックに、愛らしい写真が撮れました。すると犬は、餌をねだりました。「菓子はいま持ってないよ」と謝ってその腹を見ると、ぽってりと腹だけ太っている。こいつ。おねだりするプロだな。
 犬を通り過ぎて踏切を渡る時、気づきました。危なっかしい、マイペース、可愛げがある…ちゃっかり者!あの犬こそ処世術の先生じゃないか。振り返ると先生は、やっぱり車道すれすれに寝そべって、腹をゆっくり上下させていました。

☆山口高弘 1981年市原生まれ。
小学4年秋~1年半、毎週、千葉日報紙上で父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月~イラストを連載。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  房総丘陵の豊かな自然に恵まれた長生郡長南町。深い緑に抱かれて、季節の花々も美しい。『野見金公園』と『熊野の清水公園』は、町民が丹精込めた手…
  2.  市原を中心とした房総の地域史を調査・研究している「房総古代道研究会」は、このたび調査報告書『市原市の六十六部廻国供養塔』と会誌『房総古代道…
  3.  ツルナは、海辺の砂地に生える海浜植物。花は黄色、葉は肉厚で三角からひし形のような形です。表面は細かい粒状突起に被われているので、ざらつき白…
  4. 「書は人の生き方に通じます。山があり谷があり、ピークはどこ、四季の移ろいは、といつも言うんです」と穏やかな笑顔で語るのは、かな書道講師の野…
  5.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…
  6.  上総国分寺は市原市国分寺台地区、市原市役所近く。市役所から見ると道路を挟んだ市民会館の裏手になります。今から1250年ほど前に建立され、現…
  7.  大多喜町で工房・阿弥陀窯(あみだよう)代表の陶芸家として活動している井口峰幸(たかゆき)さん(65)。今年1月、自身が長年研究し続けてきた…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 2021年6月16日市原市より新型コロナワクチン接種に係る64歳以下の方への接種券の発送及び65歳以上の方の予約枠の追加についての情報が公開…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る