道で寝る

文と絵 山口高弘

 商店街の向こうに青空が見える。道路は細くまっすぐで、午後の陽が暖かく照らしています。僕が目当てのラーメン屋へ歩いていると、向こうで通行人が滞っている所がありました。みな何かをよけて歩いている。それは一匹の犬でした。
 ある商店の電柱につながれたビーグル犬が、道に横たわって寝ていたのです。その寝方がすさまじく、車道に頭がはみ出んばかりです。通行人は仕方なく犬の頭の上を跨ぐように歩いていきます。自転車だって通る。でも犬は目覚めない。春の陽を吸い込んだアスファルトの温度を体の半分で味わって、残りの半分は直射日光を浴びて、ゆっくりと横っ腹を上下させています。近くの踏切からタクシーが苛立ったようにびゅんと通り過ぎました。危ない!タイヤから犬の頭まで40センチも離れていません。それでも犬は動かない。
 僕も犬の前を通り過ぎましたが、気になって振り返りました。「なにも命がけで眠ることないじゃないか」と問えば、「うるさいなあ、死ぬほど眠いんだよ、いま」とでも言い返しそうでした。
 ラーメン屋からの帰り道。犬は起きていました。通行人が餌をやって頭をなでて行きました。僕が近づくとハッハッと媚びた顔で起き上がり、「なでろ」とせかします。携帯電話のカメラを向けると次々とキメのポーズをとる。踏切と青空をバックに、愛らしい写真が撮れました。すると犬は、餌をねだりました。「菓子はいま持ってないよ」と謝ってその腹を見ると、ぽってりと腹だけ太っている。こいつ。おねだりするプロだな。
 犬を通り過ぎて踏切を渡る時、気づきました。危なっかしい、マイペース、可愛げがある…ちゃっかり者!あの犬こそ処世術の先生じゃないか。振り返ると先生は、やっぱり車道すれすれに寝そべって、腹をゆっくり上下させていました。

☆山口高弘 1981年市原生まれ。
小学4年秋~1年半、毎週、千葉日報紙上で父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月~イラストを連載。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る