海が運ぶ春 山里 吾郎

 房総の春は海が運んでくる。冬の間、波頭を飛び散らせていた西風がおさまり早春の兆しに覆われ始めると、海原にはゆるやかな時が流れ出す。待望の海の季節の幕開けを実感しようと3月後半、館山道を一路、南下した▼週末、ちょっと遅いスタートだったが昼食時には最初の目的地「富楽里とみやま」に。ここは高速道から直接乗り入れ可能なハイウェイオアシスで、岩井漁協直送の海産物が人気▼30分ほどの行列を我慢して海鮮丼に舌鼓を打ったあと地下の売店へ。お目当ては春の海が運んできた旬の生ワカメ。「オオバ(大葉)はきのうで終わり。これからはササ(笹)の方がうまいよ」。店員さんの熱心な口上にうなずきながら、今朝水揚げされたばかりの茶褐色のワカメを買い込んだ▼房州とりわけ富浦周辺では、ワカメをオオバとササの2種類に呼び分ける。オオバは別名ヒロメと言われ、文字通り大きな広い葉が特徴。逆にササは笹の葉のように先端が細く幾重にも分かれている。ちなみに一般的なワカメはササワカメのことを言う▼「ここまで来たならもう1カ所」。富楽里から館山道(富津館山道)をそのまま南下、終点の富浦インターから道の駅「枇杷倶楽部」へ。ここで再び海産物をのぞくとササに混じってオオバも。もちろん目的のワカメを買い増したうえ美味そうに干されたカタクチイワシの目刺しも購入した▼夕餉の食卓。熱湯にくぐらせ新緑に変色したワカメを刻み、ネギを加えた酢味噌和え、定番の味噌汁、そしてさっと炙った目刺し。もちろん晩酌も大いに進んだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る