竹林の誘い  山里 吾郎

 今年で4年目になるだろうか。「何もない贅沢」を満喫しようと、7月最後の週末は決まって大多喜町の竹林の中で過ごす▼午後6時の集合時間に合わせ夕暮れの山道をゆっくりと走る。目印の看板を見逃さないためだ。やがて道路際に「童子(わらべ)」の文字。「これで何とか目的地へ着けそうだ」。そんな安堵感も束の間、実はここからが最後の難所だ▼車一台がやっとの細い道、言われなくても慎重運転になる。両側にうっそうとした竹林が広がり、やがて手掘りの薄暗いトンネルを抜ける。視界が開けると無数の花をつけたヤマユリが「いらっしゃい」とばかりにおじぎをしながら出迎えてくれる。看板の終着地は竹林の中、変わらぬ風情でひっそりとたたずむ▼仲間の多くはすでに到着していた。暑い土曜日だったがここにクーラーはない。樹間を抜ける涼風だけが頼り。もちろん携帯は圏外、完全に喧騒とは無縁の別天地だ▼宴が始まる。囲炉裏の炭が真っ赤におこされ合鴨のつくねを合図にホタテ、アワビ、アユ、エビなどの豪華な魚介。さらにトウモロコシ、ピーマン、サツマイモなどの夏野菜、そして牛肉と炉端焼きの王道が続く▼ビールでノドを湿した後は炭火で温めた竹筒の熱燗をいただく。もちろん暑い。だが、うちわで涼をとる囲炉裏の面々からは自然と笑みがこぼれる。「これ以上の贅沢はない」とばかりに…▼翌日のゴルフも忘れて宴は続き、ほろ酔いのまま就寝。網戸から吹き抜ける風は心地よくまさに天然のクーラー。蝉と小鳥の声で目覚めた翌朝、苑内散策で笹の合間をゆらゆら舞うハグロトンボに出会った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る