房総往来

竹林の誘い  山里 吾郎

 今年で4年目になるだろうか。「何もない贅沢」を満喫しようと、7月最後の週末は決まって大多喜町の竹林の中で過ごす▼午後6時の集合時間に合わせ夕暮れの山道をゆっくりと走る。目印の看板を見逃さないためだ。やがて道路際に「童子(わらべ)」の文字。「これで何とか目的地へ着けそうだ」。そんな安堵感も束の間、実はここからが最後の難所だ▼車一台がやっとの細い道、言われなくても慎重運転になる。両側にうっそうとした竹林が広がり、やがて手掘りの薄暗いトンネルを抜ける。視界が開けると無数の花をつけたヤマユリが「いらっしゃい」とばかりにおじぎをしながら出迎えてくれる。看板の終着地は竹林の中、変わらぬ風情でひっそりとたたずむ▼仲間の多くはすでに到着していた。暑い土曜日だったがここにクーラーはない。樹間を抜ける涼風だけが頼り。もちろん携帯は圏外、完全に喧騒とは無縁の別天地だ▼宴が始まる。囲炉裏の炭が真っ赤におこされ合鴨のつくねを合図にホタテ、アワビ、アユ、エビなどの豪華な魚介。さらにトウモロコシ、ピーマン、サツマイモなどの夏野菜、そして牛肉と炉端焼きの王道が続く▼ビールでノドを湿した後は炭火で温めた竹筒の熱燗をいただく。もちろん暑い。だが、うちわで涼をとる囲炉裏の面々からは自然と笑みがこぼれる。「これ以上の贅沢はない」とばかりに…▼翌日のゴルフも忘れて宴は続き、ほろ酔いのまま就寝。網戸から吹き抜ける風は心地よくまさに天然のクーラー。蝉と小鳥の声で目覚めた翌朝、苑内散策で笹の合間をゆらゆら舞うハグロトンボに出会った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る