サッカー市民球団 VONDS ICHIHARA 選手紹介 vol.4

保戸田春彦(MF)
背番号34
「東京都出身で25歳です。家族構成は母と兄、弟2人です。サッカーを始めたのは4歳の時。兄が幼稚園のサッカークラブに入っていたから。ボンズ所属前はJ3のAC長野パルセイロでプレーしていました。現在は市原郵便局に勤務し、バイクに乗って配達の仕事をしながら、サッカーを頑張っています。なので今の目標は、ボンズJ昇格と、年賀葉書売り上げ千枚(笑)!!ボンズはサッカーを離れてもチームメイトの仲が良く、それが練習や試合にも良い効果を生んでいると思います。いただいた花を花瓶に活けたり、観葉植物を飾るのが好き。日頃の健康管理は、炭水化物が大好物ですが、栄養が偏らないように色々なものを食べるようにしていることと、毎日ストレッチをしたり、ゴルフボールを足の裏で踏んだりしていること。この記事を読んでくれた方、是非、試合を観に来てください!応援よろしくお願いします」

庄司圭佑(MF)
背番号25
「千葉市出身で28歳です。ボンズ所属前は愛知県刈谷市にあるFC刈谷に所属していました。現在は高滝にある特別養護老人ホーム緑祐の郷で働き、ボンズでサッカーに打ち込んでいます。職場では総務課で事務の仕事をしています。優しくて楽しくてボンズのことも応援してくれる、とても良い職場です!趣味は車の運転、サーフィン、読書。普段、乗っている車はごく普通のSUV。去年まで仕事でリフトを運転したりしていました。いろんな乗り物を運転してみたいですね。市原で好きなスポットは、市原ぞうの国、千葉こどもの国キッズダム、養老渓谷。自分がどんなプレーヤーか?それは秘密(笑)。目標は今季、達成できませんでしたが、JFL昇格です!市原の皆様、ゼットエーオリプリスタジアムがボンズのホームスタジアムですので、是非、足を運んでいただき、応援をよろしくお願いします!庄司にも注目を!」

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…
  3. 市原市ラグビーフットボール協会  市原市ラグビーフットボール協会は、昭和41年に設立、今年で54年目を迎えます。当協会の歴史は、日本経済…
  4.  毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象…

ピックアップ記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…

イベント情報まとめ

スタッフブログ

ページ上部へ戻る