足るを知る

遠山あき

 もうだいぶ前のことになるが、私は越後国、出雲崎、国上山の中腹あたりにあるという旧い荒れた小庵を訪れたいと、長いこと思い続けていた。ようやくその願いが叶い、国上山を訪れることができた。しかし、四月の初め、未だ越後国上山は冬の名残りが濃かった。
 荒れた杉の林には残雪がまだらに残って、吹き下ろす山の風は肌を刺すように冷たかった。ようやく辿りついた、うらぶれた風情の小さな堂宇は淋しく小さく、もう誰の姿もなくひっそりと佇んでいた。誰もいないことで更に強く心惹かれて、誘われるように歩み寄って、朽ちかけた濡れ縁に腰を下ろした。長いことどうしても訪ねたいところだった。
「そうだ! これこそ、長いこと訪れたかった『良寛和尚』が晩年に住んだ庵だ。確か『五合庵』と言った」。長く其処を訪れたいと思い続けていたのであるが、ようやく出会えた。人間ではないが、逢いたい思いは深かった。
 そのうらぶれた草庵は、自分の寺を持たない修業中の僧が、雨露をしのぐために托鉢のあと一夜の宿りを借りる草庵だ。此処を宿りと定めたのは、良寛、四十七歳(一八〇四年)のことであった。四月とはいえ、未だ残雪の見える国上山の夕風は冷たい。藁筵を敷いただけのこの庵で厳寒の真冬も過ごしたという良寛は、さぞ寒さに震えたこともあったろう。しかし、彼は小さな囲炉裏に拾い集めた枯れ枝を燃やし、托鉢の米で粥を煮て空腹と寒さをしのいだのだ。
 よく良寛は言ったという。托鉢の量は一夜過ごせるだけがあればよい。それより多く施しを貰えば、農民はその日、腹を満たすに足らなくなるだろう。五合あればわしは明日も足りる。五合の施しをうければ、彼は托鉢を止めて子供らと夕方まで遊びほうけたという。
 麓の村の農家の年寄が、「和尚様、囲炉裏に燃やす薪は? 集めて差し上げましょう」と言うと、カラカラと笑って、「ハハハ、炊くほどは風は持てくる落ち葉かな、じゃよ」。
 まこと、杉林の中の五合庵のまわりは、絶えず吹き下ろす山風で杉枝が重なっている。乾いている枝に火打石を打てば、すぐにボーと燃え上がる。小さな庵はボッと明るくなり暖かい光りがともる。手をかざして粥の煮えるのを待つ。恵みの梅干し一個あれば粥は良寛の胃袋を満たしてあまりある。
容赦ない寒風は一夜中庵を揺するが、残った囲炉裏の燃え残りは灰へとっぷりと埋める。ほっかりとした灰の上に足をかざせば、ほのぼのとぬくい。
「足らざるはなし」
 良寛は呟く。
「この上になにが要るであろうか」

 けれど今は。あり余っても、まだ足りない。もっと!もっと! 欲にはきりが無い。
「要らなきゃ捨てればいい」「ついでに邪魔っけで、目障りなものも捨てろ、ほっぽり出せばいい」
「ウーン、そうかなあ、それでいいのかなあ」
 新しい年は明るくあってほしい。正しくしてほしい。願わずにはいられない。

☆大正6年(1917)、大多喜町生まれ。昭和11年、千葉県立女子師範学校卒、教員となる。昭和14年、結婚、千葉市に住む。昭和19年、戦災のため夫の郷里の市原へ。その後、農業に従事。昭和42年、農民文学会に入会、執筆活動に入る。小説『鶯谷』で農民文学賞受賞。平成6年、保護司の活動の実績が認められ藍綬褒章受賞。文学同人『槇の会』主宰。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る