足るを知る

遠山あき

 もうだいぶ前のことになるが、私は越後国、出雲崎、国上山の中腹あたりにあるという旧い荒れた小庵を訪れたいと、長いこと思い続けていた。ようやくその願いが叶い、国上山を訪れることができた。しかし、四月の初め、未だ越後国上山は冬の名残りが濃かった。
 荒れた杉の林には残雪がまだらに残って、吹き下ろす山の風は肌を刺すように冷たかった。ようやく辿りついた、うらぶれた風情の小さな堂宇は淋しく小さく、もう誰の姿もなくひっそりと佇んでいた。誰もいないことで更に強く心惹かれて、誘われるように歩み寄って、朽ちかけた濡れ縁に腰を下ろした。長いことどうしても訪ねたいところだった。
「そうだ! これこそ、長いこと訪れたかった『良寛和尚』が晩年に住んだ庵だ。確か『五合庵』と言った」。長く其処を訪れたいと思い続けていたのであるが、ようやく出会えた。人間ではないが、逢いたい思いは深かった。
 そのうらぶれた草庵は、自分の寺を持たない修業中の僧が、雨露をしのぐために托鉢のあと一夜の宿りを借りる草庵だ。此処を宿りと定めたのは、良寛、四十七歳(一八〇四年)のことであった。四月とはいえ、未だ残雪の見える国上山の夕風は冷たい。藁筵を敷いただけのこの庵で厳寒の真冬も過ごしたという良寛は、さぞ寒さに震えたこともあったろう。しかし、彼は小さな囲炉裏に拾い集めた枯れ枝を燃やし、托鉢の米で粥を煮て空腹と寒さをしのいだのだ。
 よく良寛は言ったという。托鉢の量は一夜過ごせるだけがあればよい。それより多く施しを貰えば、農民はその日、腹を満たすに足らなくなるだろう。五合あればわしは明日も足りる。五合の施しをうければ、彼は托鉢を止めて子供らと夕方まで遊びほうけたという。
 麓の村の農家の年寄が、「和尚様、囲炉裏に燃やす薪は? 集めて差し上げましょう」と言うと、カラカラと笑って、「ハハハ、炊くほどは風は持てくる落ち葉かな、じゃよ」。
 まこと、杉林の中の五合庵のまわりは、絶えず吹き下ろす山風で杉枝が重なっている。乾いている枝に火打石を打てば、すぐにボーと燃え上がる。小さな庵はボッと明るくなり暖かい光りがともる。手をかざして粥の煮えるのを待つ。恵みの梅干し一個あれば粥は良寛の胃袋を満たしてあまりある。
容赦ない寒風は一夜中庵を揺するが、残った囲炉裏の燃え残りは灰へとっぷりと埋める。ほっかりとした灰の上に足をかざせば、ほのぼのとぬくい。
「足らざるはなし」
 良寛は呟く。
「この上になにが要るであろうか」

 けれど今は。あり余っても、まだ足りない。もっと!もっと! 欲にはきりが無い。
「要らなきゃ捨てればいい」「ついでに邪魔っけで、目障りなものも捨てろ、ほっぽり出せばいい」
「ウーン、そうかなあ、それでいいのかなあ」
 新しい年は明るくあってほしい。正しくしてほしい。願わずにはいられない。

☆大正6年(1917)、大多喜町生まれ。昭和11年、千葉県立女子師範学校卒、教員となる。昭和14年、結婚、千葉市に住む。昭和19年、戦災のため夫の郷里の市原へ。その後、農業に従事。昭和42年、農民文学会に入会、執筆活動に入る。小説『鶯谷』で農民文学賞受賞。平成6年、保護司の活動の実績が認められ藍綬褒章受賞。文学同人『槇の会』主宰。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る