ツクシはスギナの胞子茎

 春の訪れを告げる風物詩に取り上げられることが多いツクシ。日当たりが良い所ではもう見られるかもしれない。ツクシをスギナの花穂と思い込み、花の図鑑で調べたら載っていなかった。どこかの図鑑で見た記憶があり、いろいろ調べたら野草の図鑑に載っていた。
 胞子が散布されるシダ植物門トクサ科スギナ(杉菜)の胞子茎がツクシ(土筆)だという。種が散布される裸子植物門や被子植物門とは分類が異なるようだ。緑色で花穂の蕾の形に似たのは緑色の胞子を放出する前、放出した後はたくさんの小さな傘が開いたようになる。
 ツクシは食べられる野草としても広く知れわたる。だけど、春のほんの限られた期間しか摘み取れないので、食べた経験がある方は意外と少ない。今でも珍味として喜ばれる。スギナの葉と根は生薬としても利用されていた。民間薬の多くが中国伝来の漢方に対して、江戸時代にオランダやポルトガルとの交易で薬効が伝わった西洋伝来のものとされている。
 スギナは手触りがザラザラする、繁殖力が強い、いくら抜いても残った地下茎で増える、などが特徴の誰にも嫌われる野草だ。以前住んでいた所の庭にびっしりとはびこっていたときはとても手を焼いた。ツクシでも生えてくれば少しは我慢ができると思った。
 スギナが生えている場所の養分が乏しいとツクシが出て、豊かだとスギナばかりになるようだ。ツクシが見られた場所の風下では、翌年にスギナが新しく発生するということになるのだろうか。ならば喜んでばかりもいられない。胞子をまかれる前に摘み取ってしまわなければ、また苦労がはじまる。
ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る