寒さをさえぎるドームでワカサギ釣り! 

 ワカサギ釣りというと、氷上穴釣りを思い浮かべる人は多いと思うが、ボート釣りやドーム船釣りもある。市原市南部にある高滝湖では数年前から、釣り客の強い要望で桟橋ドームを3棟設置した。このドームが大人気で、12月から3月にかけて県外から大勢の人が訪れている。特に週末は混み合い、当日先着順に受け付けるため、営業開始の6時半前から待っている人も多いとか。
 人気の理由は首都圏でアクセスが良いことに加え、他の信州や北関東の釣り場より温暖な気候であること。更に高滝湖観光企業組合の組合員は「たくさんの釣り雑誌で、高滝湖は釣れると紹介してくれてるからだろう」と話す。
 そして何よりも、この寒い時期、冷たい風をさえぎるドームが一番の人気の理由では。取材当日も寒い日で風速は最大10メートル。駐車場奥にある貸しボート等の看板がある建物が受付や休憩のできるボート事務所。ここで料金を払い、釣り場前の物置に入っているライフジャケットを着用する。釣りをやる人もやらない人も釣り場では必ず着用しなくてはならない。
 数こそ少ないが、ボートや桟橋でワカサギ釣りを楽しむ人もいる。でも、やはり圧倒的に、この時期はドーム。土曜日ということもあり、3棟とも満員状態。組合員の話では9割以上が県外からのお客さんで、遠方では宇都宮から来る人もいるとか。釣果は2ケタの人もいれば、最高1800匹という人も。釣りは仕掛けのハリにエサを刺して、足下の水面に落とすだけ。水深は4~6メートル。竿を上下に動かしたり止めたりし、アタリがきたら竿を上げる。寒さを感じないドーム内では、皆さん、くつろいで釣りを楽しんでいる。

 貸し竿や仕掛け、エサ等は受付で用意されているので、手ぶらで行っても大丈夫。また、釣り場から近くにトイレや駐車場、自販機もあるのも有り難い。サイクルボートやスワン・飛行機などもあるので、子どもも喜ぶのでは。高滝湖では、秋から冬はワカサギ釣りで有名な釣りスポットだが、コイやヘラブナ、ブラックバスなどは年間通して楽しめるそうだ。

問合せ 高滝湖観光企業組合(市原市高滝188/市原湖畔美術館近く)TEL 0436・98・1277
営業 12~2月は6時30分~16時30分/3月は6時~17時
料金 1日券640円・貸電動リール1500円・手ばね竿無料・仕掛け300円・エサ150円~200円・ドーム桟橋中学生以上1500円、小学生500円。定休日は元旦の他、臨時休業あり。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る