黒猫の絵でほっこり

 「猫は飼ったことがありません」と肩をすくめ笑うのは黒猫のパステル画を描く鹿野義絵(かのよしえ)さん。4、5年前からはじめたブログ『こんにちはANZUです』で何気ない日常をユーモアに包んで綴ってきた。インターネット上の友人の飼い猫が亡くなったと知り、慰めてあげたくて黒猫を描いてブログに載せたのがきっかけ。「とても喜ばれて絵で人を癒せると気付いた」という。以来、鹿野さんの絵には猫が登場するようになった。
 8年ほど前に病気の母の世話をするため、天職だと感じていたリンパやフットセラピーの仕事を辞めた。家で子どもの頃から好きだった絵を描いて過ごすうちに、3年前から本格的に絵本作家コースの通信教育を学び始め、パステル画の技法と出会う。羊の着ぐるみをかぶった猫、魚の形の雲を見上げる猫などが優しいタッチで描かれ、クスッと笑える。
 昨秋、作品をもっと見たいという周囲に勧められ、生命の森リゾートにある『日本メディカルトレーニングセンター』で数点の絵をはじめて発表。今年1月に牛久駅前の『ぎゃらりぃ駅舎』にて『ほのぼの黒猫とパステル画展』を開催した。
 夢見がちな女の子がそのまま大人になったようだ。イベントのポスターを頼まれたときは「夢中になり過ぎてエプロンをつけた黒猫のオブジェも作ってしまった」。人を笑わせたり、楽しませたりするのが好き。スモモという犬を飼っている。「作品のイメージを壊したくないから年齢は内緒」。ブログには熟女とある。

問合せ 鹿野さん 
TEL 0436・92・2902

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る