黒猫の絵でほっこり

 「猫は飼ったことがありません」と肩をすくめ笑うのは黒猫のパステル画を描く鹿野義絵(かのよしえ)さん。4、5年前からはじめたブログ『こんにちはANZUです』で何気ない日常をユーモアに包んで綴ってきた。インターネット上の友人の飼い猫が亡くなったと知り、慰めてあげたくて黒猫を描いてブログに載せたのがきっかけ。「とても喜ばれて絵で人を癒せると気付いた」という。以来、鹿野さんの絵には猫が登場するようになった。
 8年ほど前に病気の母の世話をするため、天職だと感じていたリンパやフットセラピーの仕事を辞めた。家で子どもの頃から好きだった絵を描いて過ごすうちに、3年前から本格的に絵本作家コースの通信教育を学び始め、パステル画の技法と出会う。羊の着ぐるみをかぶった猫、魚の形の雲を見上げる猫などが優しいタッチで描かれ、クスッと笑える。
 昨秋、作品をもっと見たいという周囲に勧められ、生命の森リゾートにある『日本メディカルトレーニングセンター』で数点の絵をはじめて発表。今年1月に牛久駅前の『ぎゃらりぃ駅舎』にて『ほのぼの黒猫とパステル画展』を開催した。
 夢見がちな女の子がそのまま大人になったようだ。イベントのポスターを頼まれたときは「夢中になり過ぎてエプロンをつけた黒猫のオブジェも作ってしまった」。人を笑わせたり、楽しませたりするのが好き。スモモという犬を飼っている。「作品のイメージを壊したくないから年齢は内緒」。ブログには熟女とある。

問合せ 鹿野さん 
TEL 0436・92・2902

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る