農家に教わる野菜作り

 三和コミュニティセンター主催の人気講座『野菜作り教室(12回シリーズ)』が今年も行われている。磯ケ谷にある私有地の畑を借り、1年を通して作業を行う。4月の初回は参加者12名の畑の区画決め、今後の流れと作付けについての説明がなされた。
 「除草剤はゼロ、農薬もほとんど使いません。草取りは大変だが頑張って下さい」長年、講師を務めている地元農家の伊藤喜規(よしのり)さんが自らの実体験で体得した知識を伝授する。5月にはミニトマト、ナス、カボチャ、7月には黒豆、9月にはブロッコリーやハクサイ、害虫がつきにくくなる10月にはホウレンソウなどアブラナ科の菜類の苗を植える。空いたスペースに自分で持ち込んだ苗を植えるのも可。
 肥料は作物に合った成分のものを使用し、やり過ぎないこと。例えば、豆類は降雨の中に含まれる窒素で充分なため窒素分の少ないものを選ぶ。トマトは肥料なしでOKだそう。 
 参加者はリピーターが多く、活発に質問が飛び交う和気あいあいとした雰囲気。7年目の参加という女性は「先生の、気候に応じたアドバイスのおかげで形の綺麗なものがたくさん収穫できます。今年はチンゲンサイにも挑戦してみたい」と笑顔で話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る