町会の入り口、花でおもてなし

 南総カントリークラブの近く、高根台団地入り口にある横長の三角形の花壇には、紫色や黄色のビオラ、ピンク色のフウセンナデシコなど色とりどりの花が咲いている。中央にある大きな時計も目をひく。「通りがかりの人に喜んでもらえるのが嬉しい」と話すのは、花壇を作り、手入れを行っているボランティアサークル『高根台フラワーガーデン』代表の西川美紀さん。活動日時は隔週の水曜日と第4日曜日の朝8時から2時間程度。花苗の植え付けは年に2回で、前述の花のほかチューリップやマリーゴールド、ハボタンなど季節に応じた花を千株植える。苗の半分はメンバーが自宅で種から育てた苗を持ち寄り、残りの半分は市の補助金を利用して購入する。
 それぞれ自分の役割を見つけ元気いっぱいに作業する参加者。音楽をかけながら、楽しそうに鎌とスコップで草刈りをしている小学生と母親のグループも。
 ここは県が所有する土地。8年前に町会の有志と敬老会のメンバーが中心となり、活動が始まった。時計も当時のメンバーによる手作り。現在は近隣町会の人たちや町会役員、昨年からは子ども会に参加している小学生とその保護者も手伝いにくるようになった。「世代を超えた地域の人々が、花を植えることを通してつながりを持ち、絆を深めていけたら。声をかけると、みんな気持ちよく来てくれるのが嬉しい。子どもたちも『次はいつ?』と楽しみにしてくれている」と西川さん。町会長の尾山博之さんは「高根台町会の入り口を綺麗にすることで、地域の雰囲気がよくなれば」と話した。
「興味のある人は一緒に活動してみませんか?」とのこと。

問合せ 西川さん
TEL 090・5422・3392

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る