町会の入り口、花でおもてなし

 南総カントリークラブの近く、高根台団地入り口にある横長の三角形の花壇には、紫色や黄色のビオラ、ピンク色のフウセンナデシコなど色とりどりの花が咲いている。中央にある大きな時計も目をひく。「通りがかりの人に喜んでもらえるのが嬉しい」と話すのは、花壇を作り、手入れを行っているボランティアサークル『高根台フラワーガーデン』代表の西川美紀さん。活動日時は隔週の水曜日と第4日曜日の朝8時から2時間程度。花苗の植え付けは年に2回で、前述の花のほかチューリップやマリーゴールド、ハボタンなど季節に応じた花を千株植える。苗の半分はメンバーが自宅で種から育てた苗を持ち寄り、残りの半分は市の補助金を利用して購入する。
 それぞれ自分の役割を見つけ元気いっぱいに作業する参加者。音楽をかけながら、楽しそうに鎌とスコップで草刈りをしている小学生と母親のグループも。
 ここは県が所有する土地。8年前に町会の有志と敬老会のメンバーが中心となり、活動が始まった。時計も当時のメンバーによる手作り。現在は近隣町会の人たちや町会役員、昨年からは子ども会に参加している小学生とその保護者も手伝いにくるようになった。「世代を超えた地域の人々が、花を植えることを通してつながりを持ち、絆を深めていけたら。声をかけると、みんな気持ちよく来てくれるのが嬉しい。子どもたちも『次はいつ?』と楽しみにしてくれている」と西川さん。町会長の尾山博之さんは「高根台町会の入り口を綺麗にすることで、地域の雰囲気がよくなれば」と話した。
「興味のある人は一緒に活動してみませんか?」とのこと。

問合せ 西川さん
TEL 090・5422・3392

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る