防人歌 奇跡の1カ月

 万葉集は奈良時代にまとめられた歌集。市原郡出身の兵士が詠んだ『葦垣の隈処に立ちて 我妹子が 袖もしほほに 泣きしそ思はゆ』を「巻20の防人歌のなかでも優れた歌」と評価するのは元市原市埋蔵文化財調査センター所長の宮本敬一さん(67)。辰巳公民館主催事業『文学散歩 房総の防人歌』(全2回)が開かれ、初回の5月29日に16名を前に『万葉集と防人の歌』について講義した。
 防人とは古代に北九州防備のために東国から派遣された兵士のこと。武器・衣服・食料を自前で用意し、家族と別れ、国ごとに隊列を組んで難波津(今の大阪)に集合した。九州へ向かう船に乗り込む前に防人を点検したのが兵部省(今の防衛省)の次官だった大伴家持。天平勝宝7年(755年)2月の約1カ月間に、次々と到着する東国10カ国の防人たちに歌を提出させ、万葉集に採録した。
 宮本さんは「家持は役人としては不遇だった。政争に巻き込まれ、死後財産を没収されたので万葉集が残ったという説もある。どこの誰がいつ詠んだとわかる農民兵士の歌が80首以上も伝わるのは世界に類例がない文化史上の奇跡」と語った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市を拠点に活動しているVONDS市原ジュニアソフトボールクラブが、今夏に大阪市で開催された『第19回全日本中学生女子ソフトボール大会…
  2. トラツグミ  幾種類かのツグミの仲間が冬鳥として房総丘陵を訪れる。見通しの良い草地や田んぼではツグミ、日差しが差し込む明るい林ではアカハ…
  3. 赤いほおづき  11月4日は晴天日の確率が1位とニュースで知る。朝から雲ひとつない爽やかな晩秋の午後、庭木の手入れも進み、庭の隅に目をや…
  4.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  5. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  6.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  7. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  8.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  9.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  市原市を拠点に活動しているVONDS市原ジュニアソフトボールクラブが、今夏に大阪市で開催された『第19回全日本中学生女子ソフトボール大会…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る