地域のつながりが防災の鍵

 火災や自然災害が発生した時、活躍する消防団。普段から地域と関わりが深く、いざという時には頼もしい存在だ。しかし『自らの地域は自らで守る』という意識が希薄となった現在、団員は減少。市民有志の『地域防災を考える会』は4月中旬、タウンミーティングを1日2回開催し、消防団OB、消防団員、一般市民などを交え、率直な意見交換を行った。
 消防団は、救護や消火、避難誘導の各訓練、火災予防の呼びかけなどを普段から行っている。特別職地方公務員で、年間活動に対し、自治体から謝礼程度で手当てが出る。近年はサラリーマンの団員が増加、現場に来られず、仕事との両立が難しい、などの課題がある。多くの市民が消防団の意義や地域での役割をよく知らず、敬遠されるため団員補充も難しいという。「消防団は火災現場に一番早く到着することも多い。交通整理など消防の支援活動をし、消火が終わり消防局と警察が撤収しても、火種の見張りや探索などをする。夜中から朝までという現場もあり、重要性をもっと知って欲しい」と現役消防団員。
 町会で行う自主防災などでも、地域での人のつながりがきちんと機能しなければ、独居老人・在留外国人・障害者などの情報弱者の迅速な避難も難しく、実際に災害が起こった時に被害が増えるのでは、という危惧も出た。主宰者のひとり、大矢仁さんは、「地域のつながりが大事、という認識は皆が持っています。しかし、それを実際の防災活動に結びつけ、多くの市民に意識して参加してもらうことが、一番難しいようですね」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る