地域のつながりが防災の鍵

 火災や自然災害が発生した時、活躍する消防団。普段から地域と関わりが深く、いざという時には頼もしい存在だ。しかし『自らの地域は自らで守る』という意識が希薄となった現在、団員は減少。市民有志の『地域防災を考える会』は4月中旬、タウンミーティングを1日2回開催し、消防団OB、消防団員、一般市民などを交え、率直な意見交換を行った。
 消防団は、救護や消火、避難誘導の各訓練、火災予防の呼びかけなどを普段から行っている。特別職地方公務員で、年間活動に対し、自治体から謝礼程度で手当てが出る。近年はサラリーマンの団員が増加、現場に来られず、仕事との両立が難しい、などの課題がある。多くの市民が消防団の意義や地域での役割をよく知らず、敬遠されるため団員補充も難しいという。「消防団は火災現場に一番早く到着することも多い。交通整理など消防の支援活動をし、消火が終わり消防局と警察が撤収しても、火種の見張りや探索などをする。夜中から朝までという現場もあり、重要性をもっと知って欲しい」と現役消防団員。
 町会で行う自主防災などでも、地域での人のつながりがきちんと機能しなければ、独居老人・在留外国人・障害者などの情報弱者の迅速な避難も難しく、実際に災害が起こった時に被害が増えるのでは、という危惧も出た。主宰者のひとり、大矢仁さんは、「地域のつながりが大事、という認識は皆が持っています。しかし、それを実際の防災活動に結びつけ、多くの市民に意識して参加してもらうことが、一番難しいようですね」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る