実は奥が深い、ラジオ体操

 子どもの頃から馴染みのあるラジオ体操、何となく手足を動かしているだけの人も多かったのでは。実は動きひとつ一つに意味があり、きちんと動けば第1、第2体操合わせて約30キロカロリーを消費するという。
 6月30日、戸田コミュニティセンターで行われた主催講座『ラジオ体操 1級指導士に学ぶ』では、高齢者向けに考案された『みんなの体操』とラジオ体操第1、第2のそれぞれの動きが体に及ぼす効果の説明と詳しい実技指導がなされ、17名の参加者が元気よく体を動かした。
 講師は全国ラジオ体操連盟公認の1級指導士、佐川幸司さんとアシスタントの指導士3名。まずは良い姿勢から。背筋を伸ばして顎をひく。まっすぐ前を向き、手は生卵を掴むように軽く握るのが基本。最後の深呼吸は手の平を開いて指先をぴんと伸ばしながら行う。腕と脚を伸ばす、腕を振る、体をねじるなど全身の筋肉をバランスよく使うので、しっかりと向き合えばかなりの負荷がかかる。「疲れたわ~」と苦笑いする参加者も。
「地域活動として、公園などで毎日継続して行ってほしい。みんなでやると長続きしますよ。ご自分の健康のためです」と佐川さん。上達してきたら、全国ラジオ体操連盟が行う講習を受け指導士の資格取得にチャレンジしてみるのもいいだろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る