身近なもので電池を作る

 7月下旬、市原青少年会館で2日にわたって行われた『おもしろ理科教室』。小学4~6年生24名が参加し、電池とウイングブレード作りに挑戦した。取材した1日目は備長炭の電池作り。講師は関東電気保安協会の井上喜久雄さん他2名のスタッフ。分かりやすい実験装置を使い、切れた銅線がくっついた状態で電気を流すと、激しい火花が散ってショートする様子など実演した。「コードを無理に引っ張ると、中で線が切れ実験のような状態になって火事の元になります。危険なので注意しましょう」と子どもたちに呼びかけた。
 電池作りでは、食塩水にキッチンペーパーを浸して作業がスタート。ペーパーを備長炭に巻きつけ、ペーパーの巾より小さくしたアルミホイルを、さらに上から炭に触れない位置で巻きつける。プロペラ付きモーターのプラスのコードを炭の上に巻いて止め、マイナスのコードはアルミホイルの上に巻く。プロペラが回ったら完成だ。しかし子どもたちは四苦八苦。ペーパーとアルミホイルがうまく巻けなかったり、食塩水が乾燥して再度食塩水に浸したり。成功してずっとプロペラを回していた子は、急に動かなくなることに驚いていた。
 井上さんたちは、子どもたち全員のプロペラが動くように、各テーブルを回って教えながら作業を手伝った。子どもたちも「家にあるもので作れて面白かった。また作りたい」「線の巻き方が少し難しかったけど、できて良かった」と楽しんでいた。同会館では今後も様々な講座を開催予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…
  2.  手口も多岐にわたり、被害が増え続けている「電話de詐欺」。昨年、全国で親族をかたるオレオレ詐欺被害に関する調査が行われた。対象は、被害者…
  3.  毎月第1日曜のみ。大多喜町の小さなチーズ工房【千】sen の営業日だ。「ひとりで作る数には限界がある。量を増やして質が落ちたりしたら本末…
  4. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  5.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  6. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  7.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  今年6月、市原市糸久に自身の作品を常設した『ikuiro gyallery』をオープンしたのは、画家の中山育美さん。「1年半ほど杉並区の…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る