身近なもので電池を作る

 7月下旬、市原青少年会館で2日にわたって行われた『おもしろ理科教室』。小学4~6年生24名が参加し、電池とウイングブレード作りに挑戦した。取材した1日目は備長炭の電池作り。講師は関東電気保安協会の井上喜久雄さん他2名のスタッフ。分かりやすい実験装置を使い、切れた銅線がくっついた状態で電気を流すと、激しい火花が散ってショートする様子など実演した。「コードを無理に引っ張ると、中で線が切れ実験のような状態になって火事の元になります。危険なので注意しましょう」と子どもたちに呼びかけた。
 電池作りでは、食塩水にキッチンペーパーを浸して作業がスタート。ペーパーを備長炭に巻きつけ、ペーパーの巾より小さくしたアルミホイルを、さらに上から炭に触れない位置で巻きつける。プロペラ付きモーターのプラスのコードを炭の上に巻いて止め、マイナスのコードはアルミホイルの上に巻く。プロペラが回ったら完成だ。しかし子どもたちは四苦八苦。ペーパーとアルミホイルがうまく巻けなかったり、食塩水が乾燥して再度食塩水に浸したり。成功してずっとプロペラを回していた子は、急に動かなくなることに驚いていた。
 井上さんたちは、子どもたち全員のプロペラが動くように、各テーブルを回って教えながら作業を手伝った。子どもたちも「家にあるもので作れて面白かった。また作りたい」「線の巻き方が少し難しかったけど、できて良かった」と楽しんでいた。同会館では今後も様々な講座を開催予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る