身近なもので電池を作る

 7月下旬、市原青少年会館で2日にわたって行われた『おもしろ理科教室』。小学4~6年生24名が参加し、電池とウイングブレード作りに挑戦した。取材した1日目は備長炭の電池作り。講師は関東電気保安協会の井上喜久雄さん他2名のスタッフ。分かりやすい実験装置を使い、切れた銅線がくっついた状態で電気を流すと、激しい火花が散ってショートする様子など実演した。「コードを無理に引っ張ると、中で線が切れ実験のような状態になって火事の元になります。危険なので注意しましょう」と子どもたちに呼びかけた。
 電池作りでは、食塩水にキッチンペーパーを浸して作業がスタート。ペーパーを備長炭に巻きつけ、ペーパーの巾より小さくしたアルミホイルを、さらに上から炭に触れない位置で巻きつける。プロペラ付きモーターのプラスのコードを炭の上に巻いて止め、マイナスのコードはアルミホイルの上に巻く。プロペラが回ったら完成だ。しかし子どもたちは四苦八苦。ペーパーとアルミホイルがうまく巻けなかったり、食塩水が乾燥して再度食塩水に浸したり。成功してずっとプロペラを回していた子は、急に動かなくなることに驚いていた。
 井上さんたちは、子どもたち全員のプロペラが動くように、各テーブルを回って教えながら作業を手伝った。子どもたちも「家にあるもので作れて面白かった。また作りたい」「線の巻き方が少し難しかったけど、できて良かった」と楽しんでいた。同会館では今後も様々な講座を開催予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る