身近なもので電池を作る

 7月下旬、市原青少年会館で2日にわたって行われた『おもしろ理科教室』。小学4~6年生24名が参加し、電池とウイングブレード作りに挑戦した。取材した1日目は備長炭の電池作り。講師は関東電気保安協会の井上喜久雄さん他2名のスタッフ。分かりやすい実験装置を使い、切れた銅線がくっついた状態で電気を流すと、激しい火花が散ってショートする様子など実演した。「コードを無理に引っ張ると、中で線が切れ実験のような状態になって火事の元になります。危険なので注意しましょう」と子どもたちに呼びかけた。
 電池作りでは、食塩水にキッチンペーパーを浸して作業がスタート。ペーパーを備長炭に巻きつけ、ペーパーの巾より小さくしたアルミホイルを、さらに上から炭に触れない位置で巻きつける。プロペラ付きモーターのプラスのコードを炭の上に巻いて止め、マイナスのコードはアルミホイルの上に巻く。プロペラが回ったら完成だ。しかし子どもたちは四苦八苦。ペーパーとアルミホイルがうまく巻けなかったり、食塩水が乾燥して再度食塩水に浸したり。成功してずっとプロペラを回していた子は、急に動かなくなることに驚いていた。
 井上さんたちは、子どもたち全員のプロペラが動くように、各テーブルを回って教えながら作業を手伝った。子どもたちも「家にあるもので作れて面白かった。また作りたい」「線の巻き方が少し難しかったけど、できて良かった」と楽しんでいた。同会館では今後も様々な講座を開催予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る