あきらめないで、うつ病

 国民の5人に1人は生涯に精神疾患に罹患している、というデータがある。中でも、うつ病は予防することが困難な、ありふれた病気。社交的で明るい性格であっても、誰もがかかる可能性を持っているのだ。
 昨秋、市原市保健センターで市原市障がい者支援課主催の講座『精神疾患勉強会 うつ病について』が行われ、約60名が参加した。講師は市内姉崎にある精神科・心療内科クリニック院長の林竜介さん。
 漫画家、細川貂々(通称テン)が、うつ病になった夫(通称ツレ)との療養生活を漫画に著した『ツレがうつになりまして。』の内容を例として紹介しながら「うつ病って何?」、「ちゃんと治る病気なの?」など、うつ病患者とその家族が気になる疑問を解消していった。
 真面目で几帳面な性格のツレは、弁当に入れるチーズの種類やネクタイを曜日によって決めているような人。仕事も完璧にこなさないと気が済まない。だが陽気で楽観的なタイプでもあった。ある年、勤務先の会社が大幅なリストラを実施、ツレは残ることができたが仕事は超多忙に。睡眠の質が落ち、食欲も低下、元気がなくなり仕事でもミスが増えてきた。ついにテンに向かって「死にたい」と弱音を漏らす。精神科診療所を受診すると、うつ病と診断。療養生活に入る。「うつ病は、神経伝達物質であるセロトニンなどの分泌が極端に少なくなる脳の故障。抗うつ剤をきちんと服用すれば治ります」と林さん。支える家族は「頑張れ」などと不用意に励まさず、家事などの負担を減らしてあげながら普段通り接することが大事。
 退職して療養生活に入ったツレは、家でゴロゴロして過ごすことに「世間様に申し訳ない」と罪悪感を抱いた。テンは元来、悲観的で愚痴っぽい性格だが自分も一緒に落ち込んではいられないと明るく振る舞った。漫画家独特のユーモアで「世間とは関わっていないのだから気にするな」と言ったり、楽しくゴロゴロする術を教えたりした。薬の効果もあり、改善と悪化を繰り返しながらも自信をとり戻し、よい状態であることが増えていった。林さんは「うつになった原因を考えても仕方がない。現在に目を向け、これからどうするかを考えることが大切。早めに専門医を受診し、治療を始めることです」と説く。
 約3年を経てツレの症状は安定、薬物治療は終了した。そのあとツレは、うつ病体験談の講演依頼を引き受けたりテンのマネージメント会社を立ち上げるなど人生の軌道修正をはかることができた。
 このように、「ストレスのたまる生活を小休止し、うつ病を治す過程で人生がよい方向に変わっていく人も多い」とのこと。
 自身が、うつ病を患っている参加者も多く「治る病気だとわかって安心した。根気よく薬を飲み続けてみます」との声が聞かれた。
 市原市障がい者支援課では毎月1回、『こころの保健福祉相談』を行っている。気軽に相談してみては。

問合せ 市原市障がい者支援課
TEL 0436・22・1111

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  2.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  3.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  4.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  5.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  6.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  7.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  8.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  9.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  10.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…

ピックアップ記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る