教えて!工場の中って、どうなっているの?

 昨年12月、市原市八幡海岸にあるDIC株式会社では市原市役所環境部主催で工場見学が行われた。参加者29名は、まず会議室に入り、工場内でどんなことが行われているのか説明を受ける。総務グループリーダーの宮川健さんは、「当社で作っている合成樹脂はインクだけでなく自動車やIT部品などにも応用されています」と話す。
 敷地44万5千平米、東京ドームが10個入ってしまうほどの広さの工場内で生産される『合成樹脂』。「車の部品でも、今までは金属でしかなかった部分を樹脂にする技術研究が千葉工場で行われています。熱や衝撃に強く、天然素材にはない高い安定性と機能性をもつ、現代社会では不可欠な素材です」と環境安全品質グループの山村勝美さん。
 その後、バスで工場内を移動。参加者は左右に建つ施設をよく見ようと首を伸ばす。合成樹脂は非常によく燃える素材の上、製造工程から生じる排水をそのまま工場から排出すると海が汚れてしまう。そのため定期的な防災訓練を行い、何度も浄化した水を太平洋へ放出するなど高い意識が保たれている。水の放出場所で降車し、「この水で金魚を飼っています。それほど綺麗な水にしているんです」と聞くと、一同が水路を覗き込む場面も。
「工場の中に入ることなんて滅多にないので、貴重な機会でした」と小学生の娘2人と参加した母親。また、「千葉工場で生産されたものは、最終的にどんな製品になるんですか。総売り上げの中で、ここが占める生産高はどれくらいですか?」と参加者の興味は尽きることがなかった。お互いが安全かつ透明性をもって生活するために、理解し合おうとすることが大切なのだろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る