ママがホッとできる場所

 楽しげな音楽とともにサルのパペットが登場。ボランティアグループ『ちびちびちゃんのぽっけ』の読み聞かせから始まる五井公民館主催事業『子育て広場ほっと』。ママたちがホッとできる時間と場所の提供をと未就園児の親子を対象に年に10回行われているもので、専門の講師による足裏マッサージや元保育士による親子体操、季節に関する話など盛りだくさんの内容。
『ママのおしゃべりタイム』では「人見知りをする」、「オムツがとれない」などの悩みを元保育士に相談、他のママたちと共有し合う。「ダメと言っても聞いてくれない」との悩みには「こんなことされたらママは悲しいわ、と親の気持ちを伝えましょう。もちろん、嬉しいときもね」と元保育士の永岡みつ江さん。
 子育て支援員が子どもを見てくれるので「安心感がある。自由に遊ばせられるので楽」と2歳児の母親。27年度最終日の3月14日には入園前幼児の卒業の集いも行われた。子どもたちもママも笑顔になれる同広場は申込み不要、お気軽に。4月11日、5月9日開催。参加者が綴るブログ『子育て広場ほっと』もご覧あれ。

問合せ 五井公民館
TEL _0436・22・2121

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る