春の散歩、地元の史跡を訪ねて

 市原市内の文化財、神社、寺、古道などを巡る有秋公民館の主催講座『有秋散歩』(全6回)。第1回目は4月8日、『薬王寺薬師如来御開帳と大俵桜・小鷹神社を巡る』でスタートした。講師は小関勇次さんほか『鎌倉街道を歩く会』の皆さん。「隠れた史跡を探すなど、学びながら歩きましょう」との声かけで約30名の参加者は元気よく出発。桜と菜の花に見守られながら気持ちのよい往復約6㎝のコースを2時間かけて歩いた。
 最初に訪ねたのは県道144号線沿い、不入斗にある薬王寺への入り口に立つ『浮彫六地蔵石幢』。六角柱の各面に6躯の地蔵菩薩を浮き彫りにしたもので、六道輪廻から衆生を救済するとされている。「鎌倉街道の要所に見られる。144号線も鎌倉街道の枝道につながっています」と小関さん。
 薬王寺では年に一度の御開帳、優しい表情をした『木造薬師如来坐像』を拝んだ。檀家によって振る舞われた甘酒を桜の木の下で飲み、「名残惜しいわね」と言いながら同寺を後にした。田んぼ脇の道ではカエルの鳴き声、林道では小鳥のさえずりを聞きながら、今ではすっかり有名になった大俵の一本桜を目指して歩く。途中、出羽三山行の塚に立ち寄った。毎年11月、迎田行人が白装束で行列をつくり梵天供養に訪れているという。
 山道が開けたところで目に飛び込んできたのは、辺り一面の黄色い菜の花と大きな桜の木。「見事だね~」と参加者からは感嘆の声が。5年前に雑木林の中から桜を掘り出した谷垣敬次郎さんは「長い年月を生きてきた生命力と美しさを皆様に見ていただきたく、仲間とともに整備に勤しんでいます」と笑顔と甘酒で来訪者をもてなした。     
 さて、ここでちょっと珍しい石造物の紹介。同地の奥、大きなシイノキの右手前の脇道を進んでいくと、梅とウグイスが彫られた石造物が。花札を連想させるので「博打好きの住職さんが立てたんじゃないの?」などと推理を楽しむ皆さん。「1739年」、「原」という文字が見られるが、誰が何の目的で立てたかは不明。
 最後に、ヤマトタケルノミコトを祭神とする小鷹神社を参拝した。樹齢200年を越す巨木がならぶ参道は、かつて流鏑馬が行われていたとの言い伝えがある。
 のどかな地元の散歩道、有名な史跡のほか、ひっそりと佇む石造物もまだまだある。それぞれが刻んだ歴史に思いを馳せながら、歩いてみるのもいいのでは。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る