春の散歩、地元の史跡を訪ねて

 市原市内の文化財、神社、寺、古道などを巡る有秋公民館の主催講座『有秋散歩』(全6回)。第1回目は4月8日、『薬王寺薬師如来御開帳と大俵桜・小鷹神社を巡る』でスタートした。講師は小関勇次さんほか『鎌倉街道を歩く会』の皆さん。「隠れた史跡を探すなど、学びながら歩きましょう」との声かけで約30名の参加者は元気よく出発。桜と菜の花に見守られながら気持ちのよい往復約6㎝のコースを2時間かけて歩いた。
 最初に訪ねたのは県道144号線沿い、不入斗にある薬王寺への入り口に立つ『浮彫六地蔵石幢』。六角柱の各面に6躯の地蔵菩薩を浮き彫りにしたもので、六道輪廻から衆生を救済するとされている。「鎌倉街道の要所に見られる。144号線も鎌倉街道の枝道につながっています」と小関さん。
 薬王寺では年に一度の御開帳、優しい表情をした『木造薬師如来坐像』を拝んだ。檀家によって振る舞われた甘酒を桜の木の下で飲み、「名残惜しいわね」と言いながら同寺を後にした。田んぼ脇の道ではカエルの鳴き声、林道では小鳥のさえずりを聞きながら、今ではすっかり有名になった大俵の一本桜を目指して歩く。途中、出羽三山行の塚に立ち寄った。毎年11月、迎田行人が白装束で行列をつくり梵天供養に訪れているという。
 山道が開けたところで目に飛び込んできたのは、辺り一面の黄色い菜の花と大きな桜の木。「見事だね~」と参加者からは感嘆の声が。5年前に雑木林の中から桜を掘り出した谷垣敬次郎さんは「長い年月を生きてきた生命力と美しさを皆様に見ていただきたく、仲間とともに整備に勤しんでいます」と笑顔と甘酒で来訪者をもてなした。     
 さて、ここでちょっと珍しい石造物の紹介。同地の奥、大きなシイノキの右手前の脇道を進んでいくと、梅とウグイスが彫られた石造物が。花札を連想させるので「博打好きの住職さんが立てたんじゃないの?」などと推理を楽しむ皆さん。「1739年」、「原」という文字が見られるが、誰が何の目的で立てたかは不明。
 最後に、ヤマトタケルノミコトを祭神とする小鷹神社を参拝した。樹齢200年を越す巨木がならぶ参道は、かつて流鏑馬が行われていたとの言い伝えがある。
 のどかな地元の散歩道、有名な史跡のほか、ひっそりと佇む石造物もまだまだある。それぞれが刻んだ歴史に思いを馳せながら、歩いてみるのもいいのでは。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『いちはら歯っぴい8020応援隊』は、市民の健康づくりのための活動を展開している市民団体。市原市主催の健康づくり講座を受講したメンバーの中か…
  2.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…
  3.  現在ブームが続いているキャンプ。アウトドアで密にならないこともあり、キャンプ場だけでなく、自宅の庭などで楽しむ手軽なタイプも人気だ。ただ、…
  4. 木々に囲まれた家で暮らしたい、理想の庭を作りたい、そんな思いで長い間ずっと温めてきた自身の夢、『森の中の家』に住まいを移してから今年の9…
  5.  市原市在住、須田和人さんのスポーツ指導者としての実績が素晴らしい。市内の高校陸上競技部顧問として15年連続、計62種目、延べ128名をイン…
  6.  長柄ダム湖畔の高台に建つロングウッドステーション。隣の大きな駐車場の一角には、昨年オープンした『太陽ファーム加工場』と、今年オープンした『…
  7. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『いちはら歯っぴい8020応援隊』は、市民の健康づくりのための活動を展開している市民団体。市原市主催の健康づくり講座を受講したメンバーの中か…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る