春の散歩、地元の史跡を訪ねて

 市原市内の文化財、神社、寺、古道などを巡る有秋公民館の主催講座『有秋散歩』(全6回)。第1回目は4月8日、『薬王寺薬師如来御開帳と大俵桜・小鷹神社を巡る』でスタートした。講師は小関勇次さんほか『鎌倉街道を歩く会』の皆さん。「隠れた史跡を探すなど、学びながら歩きましょう」との声かけで約30名の参加者は元気よく出発。桜と菜の花に見守られながら気持ちのよい往復約6㎝のコースを2時間かけて歩いた。
 最初に訪ねたのは県道144号線沿い、不入斗にある薬王寺への入り口に立つ『浮彫六地蔵石幢』。六角柱の各面に6躯の地蔵菩薩を浮き彫りにしたもので、六道輪廻から衆生を救済するとされている。「鎌倉街道の要所に見られる。144号線も鎌倉街道の枝道につながっています」と小関さん。
 薬王寺では年に一度の御開帳、優しい表情をした『木造薬師如来坐像』を拝んだ。檀家によって振る舞われた甘酒を桜の木の下で飲み、「名残惜しいわね」と言いながら同寺を後にした。田んぼ脇の道ではカエルの鳴き声、林道では小鳥のさえずりを聞きながら、今ではすっかり有名になった大俵の一本桜を目指して歩く。途中、出羽三山行の塚に立ち寄った。毎年11月、迎田行人が白装束で行列をつくり梵天供養に訪れているという。
 山道が開けたところで目に飛び込んできたのは、辺り一面の黄色い菜の花と大きな桜の木。「見事だね~」と参加者からは感嘆の声が。5年前に雑木林の中から桜を掘り出した谷垣敬次郎さんは「長い年月を生きてきた生命力と美しさを皆様に見ていただきたく、仲間とともに整備に勤しんでいます」と笑顔と甘酒で来訪者をもてなした。     
 さて、ここでちょっと珍しい石造物の紹介。同地の奥、大きなシイノキの右手前の脇道を進んでいくと、梅とウグイスが彫られた石造物が。花札を連想させるので「博打好きの住職さんが立てたんじゃないの?」などと推理を楽しむ皆さん。「1739年」、「原」という文字が見られるが、誰が何の目的で立てたかは不明。
 最後に、ヤマトタケルノミコトを祭神とする小鷹神社を参拝した。樹齢200年を越す巨木がならぶ参道は、かつて流鏑馬が行われていたとの言い伝えがある。
 のどかな地元の散歩道、有名な史跡のほか、ひっそりと佇む石造物もまだまだある。それぞれが刻んだ歴史に思いを馳せながら、歩いてみるのもいいのでは。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 1月19日(日)、いすみ市岬町鴨根の清水寺で、第1回坂登り福男選手権が開催された。晴天に恵まれ、大勢のランナーが県内外から集まり、小学生の部…
  2. ◇地域の防犯に、移動交番の活用を  安心な地域づくりと防犯力強化に、千葉県警察が平成22年から開設を進めてきた移動交番。専用の移動交番車に警…
  3. ミリオンセラーの「禁じられた恋」をはじめ「涙そうそう」「さとうきび畑」など、数々のヒット曲を生み出した森山良子が3月5日(木)(午後4時開演…
  4. 今年で設立34年目を迎える『市原市なぎなた連盟』は、市内3カ所の体育館を拠点に活動中だ。昭和63年5月、市原市社会体育課主催の家庭婦人を対象…
  5. 実は私、五十四歳の大学一年生なんです。昨年四月に某大学こども心理学部通信教育課程に入学しました。幼稚園教諭一種免許取得を目指して、日々仕事の…
  6. RUN伴(らんとも)は、認知症の人や家族、医療福祉関係者、認知症の人と接点がない地域住民のみんなでタスキを繋いで、北海道から沖縄まで日本全国…
  7. 市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している「房総古代道研究会」は、令和元年12月、会誌4号『房総古代道研究(四)』を発刊しました。全…
  8. 毎年開催されている「市原湖畔美術館子ども絵画展」が今年も2月1日から開催中! 市原市内の幼稚園・小学校から絵を公募、会場内はデザイナーやアー…
  9. 春の息吹を感じながらも、まだ陽当たりが良い所を選んで散歩をする。陽だまりの野草を見ると、大きさ7ミリぐらいの白い花が見られるようになった。…
  10. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…

ピックアップ記事

  1. 1月19日(日)、いすみ市岬町鴨根の清水寺で、第1回坂登り福男選手権が開催された。晴天に恵まれ、大勢のランナーが県内外から集まり、小学生の部…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~21時 市原市立五井中学校 幅広い年齢層のメンバーが、よさこいを通じてひとつになれる!…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る