分解したら、新たな世界が見えるかも!?

 GW期間中に旧里見小学校で開催された『吉田事物屋』。分解・解体をするワークショップとあって、参加者から「過去に何個か分解を試みたことがありますが、おっかなびっくりでした。今日は思い切りできると楽しみに来ました!」と意気込む声が上がる。
 講師の吉田和司さんは、「最近の製品になるほど分解は難しいんです。外側にネジを使わなかったり、普段見ないような複雑なネジで留められていたり。プリンターを解体した姉弟は1時間半ほどかけてくれました」と満足そうに話す。分解するのは使わなくなった物で、主に地元の人から収集したもの。携帯電話や腕時計、ラジカセなどの約30の製品の分解に、小学生から50歳前後までの大人が挑戦する。
 千葉市から訪れた家族はCDコンポに夢中。両親よりも目を輝かせる男児は、「この部品、換気扇みたいじゃない?」、「なんだか宇宙基地に見えるな」など話しながら作業を進めて行く。分解が終了すると、すべての部品の中から気に入った物を選び、タイトルをつけて棚に飾る。「壊し過ぎるとアートじゃなくなっちゃうよなぁ」と、父親がこだわりを見せる一面も。
 「タイトルは自由です。そんな発想もあるんだ、と意外な発見もあります」と吉田さんも舌を巻くのは、プッシュ式固定電話の受話器を『トンネル』と名付けた作品。分解を終えた感想には、「楽しかった」というものだけでなく「思ったよりも手強かった」など努力を滲ませるものも見られた。作品は、次回アート×ミックス2017で展示予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る