鬼瓦が面白い

日本人の心のよりどころ

 日本の屋根には鬼瓦が鎮座していた。
 日本には鬼伝説がいろいろな地方に存在する。秋田の「なまはげ」、岡山の桃太郎の鬼退治、丹後の酒呑童子の話、古都の一寸法師の話、京都の羅生門の話、東京雑司が谷の幼子を食べ後悔した母鬼の話、そして節分の「鬼は外・福は内」、また各地の不動尊の高欄を鬼がたいまつを持ち、庶民の無病息災を祝う行事と、鬼の話は事欠かない。

では鬼とは何者で、どこからやってきたのか。
 鬼瓦は、日本の伽藍建築で建物の棟というてっぺんから、四方をにらみ、その素晴らしさが、国宝に指定されているものまである。中国は鳳にまたがった皇帝(騎鳳)を先頭に竜・キリン・伝馬・海馬・獅子・鳳凰などが四隅の棟を守っている。しかし韓国では、古都慶州博物館で鬼板が昭和42年まで展示されていたが、その後訪韓した時には姿を消していた。韓国は中国や日本のように鬼瓦棟飾りが発達しなかったようだ。沖縄はどうか、シーサー(獅子)が棟を飾っている。日本の僧堂・伽藍の屋根には東大寺のようには鴟尾が乗っている。また、城には海の覇者「鯱」がのっている。これら全ては日本が島国でシルクロードを伝播して、終着の地日本で長い年月をかけて花開いた日本が誇る文化の結晶だ。

鬼とは何か。
 鬼とは現在紛争の地、シリアで生まれシルクロードを中国、インドなどを旅して来た神話上の幻獣である。この鬼たちは、仏教、ヒンズー教の始まる前から人間の精神史の基調にある生き物なのだ。本来の鬼は、たてがみを持ち、大きな丸い目、むき出しになった歯、角があり顔のみで胴はなく、二匹の蛇をくわえ、顔の両側から延びる手で蛇をつかんでいる。この蛇をくわえた幻獣は「キーリテムカ」(誉の顔)と呼ばれる神話上の生き物だ。「キーリテムカ」は宇宙創造の神話に出てくる。日本の鬼、鴟尾、シーサーは水の神様で、また火伏の神である。特に沖縄「竹富島」では、シーサーを安置した集落は大火をの免れた。竹富島の人達がシーサーを心のよりどころにしているのと同じように、日本人の鬼瓦への思いは強い。

原文・写真提供:株式会社オオヤギ 扇谷 芳雄
取材協力:千葉県瓦工事業組合 理事長 根本 泉
※敬称略

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  房総丘陵の豊かな自然に恵まれた長生郡長南町。深い緑に抱かれて、季節の花々も美しい。『野見金公園』と『熊野の清水公園』は、町民が丹精込めた手…
  2.  市原を中心とした房総の地域史を調査・研究している「房総古代道研究会」は、このたび調査報告書『市原市の六十六部廻国供養塔』と会誌『房総古代道…
  3.  ツルナは、海辺の砂地に生える海浜植物。花は黄色、葉は肉厚で三角からひし形のような形です。表面は細かい粒状突起に被われているので、ざらつき白…
  4. 「書は人の生き方に通じます。山があり谷があり、ピークはどこ、四季の移ろいは、といつも言うんです」と穏やかな笑顔で語るのは、かな書道講師の野…
  5.  市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っ…
  6.  上総国分寺は市原市国分寺台地区、市原市役所近く。市役所から見ると道路を挟んだ市民会館の裏手になります。今から1250年ほど前に建立され、現…
  7.  大多喜町で工房・阿弥陀窯(あみだよう)代表の陶芸家として活動している井口峰幸(たかゆき)さん(65)。今年1月、自身が長年研究し続けてきた…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 2021年6月16日市原市より新型コロナワクチン接種に係る64歳以下の方への接種券の発送及び65歳以上の方の予約枠の追加についての情報が公開…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る