その生活習慣変えませんか

 2月2日、保健センターにて『生活習慣病予防のための減塩推進スキルアップ講習会』が開かれた。主催したのは市原市食生活改善協議会。『食改さん』と呼ばれる食生活改善推進員8名が、参加者28名に講義と調理実習を行った。会長の東條慶子さんが「自分で食べて、歩いて、生活する健康寿命を延ばすために生活を見直しましょう」と挨拶し、スタートした。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病予防に効果がある減塩。健康な成人の1日の適正な食塩摂取量は7gから8g未満、高血圧の人は6g以下。調味料や加工食品の塩分は裏に書かれた食品成分表のナトリウム量(mg)×2・54÷1000で食塩相当量(g)が計算できる。「一度に減塩しないで少しずつ薄味に慣れましょう」と東條さん。塩分を排出する野菜も1日350g以上食べることを勧める。「一食分120gの野菜は生で両手一杯、熱を加えたものは片手一杯分が目安」とのこと。続いて「運動も大切」と『お口の体操』と『市原いいあんばい体操』も行われた。


 調理実習のメニューはヘルシーな『ミルフィーユ味噌カツ』、『カラフルサラダ』、『けんちん汁』。完成後、班ごとに汁物の塩分濃度を測定すると、レシピ通り調味料を入れたにもかかわらず、適正濃度0・6パーセントを超えてしまい、「ショック」と残念がる班もあった。「出汁は昆布とカツオの塩分も含むので味見してから調味料を加えるとよい」そうだ。「今日は大変勉強になった」と町会関係の集まりに同会の講習を依頼する男性もいた。
(荻野)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る