音楽好きなら誰でもウェルカム!

『バンドサークル山猫ロック』
(写真上↑ 前列左から)高橋さん、里見さん、小竹さん、齊藤さん
(写真上↑ 後列左から)大木さん、向井さん

 昨年、市原市で結成されたバンド『山猫ジャム』のメンバーは6名。年齢は30から60代までと幅広く、その理由をギターの齊藤雅宏さんは、「山猫ジャムは固定バンドではないからです」と説明する。『バンドサークル山猫ロック』が誕生したのは今から6年前。小学校の教師をしている齊藤さんが、教え子達のバンド活動を後押ししようと決意したことが始まりだった。
 「ライブハウスってお酒とかタバコとか危険なイメージもありますが、純粋に一生懸命音楽をやっている人達も沢山いる。ちゃんとしたライブのやり方をきちんと子ども達に教えたくて」という齊藤さんに共感し、市原市の音楽を盛り上げていこうと集まったメンバーによって『バンドサークル山猫ロック』は生まれた。
 そして今回の結成が決まったのは昨年の10月頃。市職員で今回ベース初挑戦の高橋正人さん(51)が、2月25日に開催された『生涯学習フェスティバル』に参加しようと人員を収集した。「初対面者も多く、ボーカルの里見美代子さんが決定したのは昨年末でしたね。皆さん仕事を持っているので練習の日を調整するのが一番難しいです。でも、長年音楽をやっている方達なので音を出せば気持ちは通じ合います」と高橋さん。
 ドラムの小竹淳子さんはかつてガールズバンドを組んでいたものの、ここ数年ブランクがあった。ピアノの向井隆志さん(55)はジャズ志向の本格派、齊藤さんはヘビメタ好き。サックスの大木健さんは元々フュージョン好きのベーシスト、「サックスは吹けたらいいな、くらいの気持ちで所有していただけなんです。今回の結成で猛練習しました。家だとうるさいので、養老川の橋の近くに行って車の中で練習ですよ」と話すが、演奏した音を聴いてみても初心者とは思えないほど秀逸だ。
 「『山猫ジャム』は今回のフェスで演奏するジャムセッションから名付けたもの。サークルの中には20代の人もいますし、以前中学生の子ども達が組んだ時は『子猫ロック』という名前でした。枠にとらわれないのが楽しいですね」と齊藤さん。里見さんも「音楽は年齢や性別、住んでいる地域など関係なく共有できるものです。たとえ初対面でもグループとして活動できるということを代表するバンドが私達だと思います」と強く宣言。
 メンバーが演奏する『色彩のブルース』はそれぞれの音が混じり合い、時に主張しながら里見さんの声をのせて流れていく。「機会があればまたこのメンバーで演奏したいですね。5バンドくらいでライブができたら最高」と口々に話す彼らは、年齢・性別を問わず『山猫』仲間を募集している。

問合せ 齊藤さん
TEL 090・3535・8904

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る