体協通信 太極拳を体験してみませんか

市原市太極拳協会

武術太極拳は、生涯を通して続けることができる「生涯スポーツ」と「競技スポーツ」として国際的に普及しています。太極拳の特徴は、ゆっくり、途切れない動きをする全身運動です。これは最近注目されているスロートレーニングと同様に筋肉(背骨、腰を支える)を鍛え、ゆっくりと重心を移動する動きはバランス感覚を養う効果があります。体力の維持、柔軟性の向上、転倒防止、心身のリラックスなどに効果がある健康スポーツとして注目されています。
競技スポーツは、「型演武の試合」として実施され、都道府県大会、全日本選手権、アジア大会、世界武術選手権などが行われています。北京オリンピックでは、将来正式種目化を目指して「北京武術トーナメント」(公開競技に準じる)が行われ、東京オリンピックの追加種目候補(武術)にも挙げられました。国内では、国体のデモンストレーション競技で実施されていますが、2019年から公開競技になることが決まっています。
武術太極拳は、中国で三百数十年前にできたものです。中国武術には、動物の形態を模倣した格闘技や様々な形の武器を用いるものなど、多彩な種類があります。太極拳はこれらのなかの一種目です。1956年中国の国家体育運動委員会が「簡化24式太極拳」を制定し、治病健身体操として奨励しました。1972年の日中国交回復後、日本でも急速に普及し、現在日本武術太極拳連盟は、「簡化24式太極拳」を公認技能検定制度(段・級位制)の実技試験の科目にもしています。
市原市太極拳協会は、どなたでも参加できる「太極拳交流会」をゼットエー武道場にて、「武術太極拳講習会」を五井公民館、YOUホールにて毎年実施しています。また、体育協会主宰のスポーツ教室「やさしい太極拳」では、「簡化24式太極拳」よりも易しい動作で、より短い期間に修得できる太極拳、「入門太極拳」と「初級太極拳」(日本武術太極拳連盟制定)を体験することができます。
まずは気軽に体験してみては如何ですか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る