ふるさとビジター館 アミガサタケ花見ついでにキノコ狩り

 えー?春なのにキノコの話題?と思われるかもしれませんね。でもこの季節ならではのキノコがあるのでご紹介します。なんとお花見の時、桜の木の下に生えているキノコなんですよ。
 見た目はかなり変わっていて、傘に網目状の模様があって、柄の中は空洞。この一風変わった風貌のおかげで採る人も少ないのですがこのキノコ、実はとっても美味しいんです。オリーブオイルで炒めてパスタにしたり、乳製品との相性が良いのでグラタンやシチューなどに入れるのもピッタリです。乾燥させたものを戻して、中華に使うのも美味しいダシが出て良いですね。欧米ではモリーユやモレルと呼ばれて、春には市場にたくさん出回ります。
 このキノコは栽培できないので、すべて野生のものです。北米各地では毎年アミガサタケ祭りが行われますし、フェイスブックには『私のアミガサタケ』がたくさん登場します。海外でこれほどの人気があるのに、日本では人気がなくて残念ですねー。アミガサタケ地位向上委員会でも作ってみるかな?
 そもそもキノコは、その生き方から大きく2つに分かれます。落葉や枯れ木などを分解するもの(シイタケなど)と、樹木と菌根を作り共生するもの(マツタケなど)です。でもこのアミガサタケは、その両方の性質があるというのですからビックリ!発生状況に応じてどちらの生き方もできるようなのです。今はその外見から数種類に分けられていますが、これからもっと研究が進むと分類が変わってくるかも?
 いずれにせよアミガサタケは、今とってもHOTなキノコなんですヨ!

(ナチュラリストネット/加藤恵美子)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る