ふるさとビジター館 アミガサタケ花見ついでにキノコ狩り

 えー?春なのにキノコの話題?と思われるかもしれませんね。でもこの季節ならではのキノコがあるのでご紹介します。なんとお花見の時、桜の木の下に生えているキノコなんですよ。
 見た目はかなり変わっていて、傘に網目状の模様があって、柄の中は空洞。この一風変わった風貌のおかげで採る人も少ないのですがこのキノコ、実はとっても美味しいんです。オリーブオイルで炒めてパスタにしたり、乳製品との相性が良いのでグラタンやシチューなどに入れるのもピッタリです。乾燥させたものを戻して、中華に使うのも美味しいダシが出て良いですね。欧米ではモリーユやモレルと呼ばれて、春には市場にたくさん出回ります。
 このキノコは栽培できないので、すべて野生のものです。北米各地では毎年アミガサタケ祭りが行われますし、フェイスブックには『私のアミガサタケ』がたくさん登場します。海外でこれほどの人気があるのに、日本では人気がなくて残念ですねー。アミガサタケ地位向上委員会でも作ってみるかな?
 そもそもキノコは、その生き方から大きく2つに分かれます。落葉や枯れ木などを分解するもの(シイタケなど)と、樹木と菌根を作り共生するもの(マツタケなど)です。でもこのアミガサタケは、その両方の性質があるというのですからビックリ!発生状況に応じてどちらの生き方もできるようなのです。今はその外見から数種類に分けられていますが、これからもっと研究が進むと分類が変わってくるかも?
 いずれにせよアミガサタケは、今とってもHOTなキノコなんですヨ!

(ナチュラリストネット/加藤恵美子)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る