可能性は無限大

からさき台FC

 市原小学校がホームグラウンドの少年少女サッカークラブ『からさき台フットボールクラブ』。1993年、Jリーグが開幕した年に設立された。OBで監督の針貝啓介さん(35)は「自分の子どもの代になっても、まだチームが続いていて嬉しいです」と日に焼けた笑顔で話す。
 実は昨年度、存続の危機に陥っていた。メンバー9人のうち、6年生8人が卒業。針貝さんの息子、1年生の純人君1人だけが残ったのだ。そのため、監督となりチームの態勢を見直すことにした針貝さん。チーム運営はコーチ陣が担うようにし、保護者にはチームへのサポートをお願いし、負担を軽くした。地元に残るOBもコーチとして協力してもらえるようになった。その結果、チラシや口コミで集まったメンバーは21人。
 2年生になった純人君は「みんなが入ってくれて嬉しい」と練習に励んでいる。針貝さんは「予想以上でした」と喜ぶ。しかし、ほとんどが初心者。「ようやくボールに慣れたところです。自分を含めコーチも子どもたちと一緒に成長していきたい。子どもたちが大人になって戻ってこられるようにチームを続けたいです」と期待を持って指揮をとる。
 練習は土日祝日の午前9時から。はじめは基本のボールタッチを行う。簡単そうにみえてもリズムよくボールに触るのは難しそう。遊びやゲームの要素も取り入れ、「飽きないようにメリハリをつけています。サッカーの楽しさを伝えたい。礼節、協調性、自主性を育んでいきたい」とのこと。
 コーチが「どこから蹴ったら入りやすいかな」と問いかけると、キックする位置を自分で考え、気持ちよさそうにゴールに蹴り込む子どもたち。何度も繰り返すうちに、疲れたのか座り込んだり、歩いてボールを取りに行ったりする子どもも出てくるが、大人たちは「練習に打ち込む姿勢はそれぞれ。サッカーを好きになってもらいたい」とおおらかに見守る。
 高学年は人数不足で試合に出られないという。それでも、人一倍元気に走り回るキャプテンの6年生佐久間萠衣さんは「ボールを蹴る瞬間、スカッとします。低学年が強くなれるようたくさん練習させてあげたい」と全体に目を配る。「本格的なサッカーがやりたい」とろう学校からの参加者もいて、女子は5人。
 見学していた母親の一人は「始めた頃はボールに遊ばれている感じでした。思うようなプレーができず、落ち込むこともあるようですが、自分で気持ちを切り替えるなど、良い経験をしています」と話す。サッカー未経験の子ばかりのチームなので可能性は無限大。入団するなら今かも。入会金3千円、会費月千円。

問合せ 針貝さん
TEL 090・4729・7967

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る