可能性は無限大

からさき台FC

 市原小学校がホームグラウンドの少年少女サッカークラブ『からさき台フットボールクラブ』。1993年、Jリーグが開幕した年に設立された。OBで監督の針貝啓介さん(35)は「自分の子どもの代になっても、まだチームが続いていて嬉しいです」と日に焼けた笑顔で話す。
 実は昨年度、存続の危機に陥っていた。メンバー9人のうち、6年生8人が卒業。針貝さんの息子、1年生の純人君1人だけが残ったのだ。そのため、監督となりチームの態勢を見直すことにした針貝さん。チーム運営はコーチ陣が担うようにし、保護者にはチームへのサポートをお願いし、負担を軽くした。地元に残るOBもコーチとして協力してもらえるようになった。その結果、チラシや口コミで集まったメンバーは21人。
 2年生になった純人君は「みんなが入ってくれて嬉しい」と練習に励んでいる。針貝さんは「予想以上でした」と喜ぶ。しかし、ほとんどが初心者。「ようやくボールに慣れたところです。自分を含めコーチも子どもたちと一緒に成長していきたい。子どもたちが大人になって戻ってこられるようにチームを続けたいです」と期待を持って指揮をとる。
 練習は土日祝日の午前9時から。はじめは基本のボールタッチを行う。簡単そうにみえてもリズムよくボールに触るのは難しそう。遊びやゲームの要素も取り入れ、「飽きないようにメリハリをつけています。サッカーの楽しさを伝えたい。礼節、協調性、自主性を育んでいきたい」とのこと。
 コーチが「どこから蹴ったら入りやすいかな」と問いかけると、キックする位置を自分で考え、気持ちよさそうにゴールに蹴り込む子どもたち。何度も繰り返すうちに、疲れたのか座り込んだり、歩いてボールを取りに行ったりする子どもも出てくるが、大人たちは「練習に打ち込む姿勢はそれぞれ。サッカーを好きになってもらいたい」とおおらかに見守る。
 高学年は人数不足で試合に出られないという。それでも、人一倍元気に走り回るキャプテンの6年生佐久間萠衣さんは「ボールを蹴る瞬間、スカッとします。低学年が強くなれるようたくさん練習させてあげたい」と全体に目を配る。「本格的なサッカーがやりたい」とろう学校からの参加者もいて、女子は5人。
 見学していた母親の一人は「始めた頃はボールに遊ばれている感じでした。思うようなプレーができず、落ち込むこともあるようですが、自分で気持ちを切り替えるなど、良い経験をしています」と話す。サッカー未経験の子ばかりのチームなので可能性は無限大。入団するなら今かも。入会金3千円、会費月千円。

問合せ 針貝さん
TEL 090・4729・7967

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る