毎年冬から春先にかけ、セイジやタイムなどハーブを使って手作りソーセージを作り置きします。数本ずつ分けて真空パックをし、冷凍庫に保存すれば次の年まで長持ちします。何年もかけ改良を加え、だんだんと自分の満足のいく味が作れたという想いがあります。世界でたった一つの味の手作りソーセージは思った以上に手間暇がかかりますが、保存料や発色剤などの添加物が一切入っていないので、誰もが安心して食べる事ができます。それに食べた人皆が喜んでくれるので毎年作らない訳にはいきません。今回はそんな手作りソーセージを使って、英国の伝統料理 bangers and mash をアレンジしてみました。

・材料(2人分)
大きめのソーセージ4本(市販の物でOK) マッシュドポテト: ジャガイモ2、粒マスタード大さじ1、豆乳(牛乳でも可)20cc、バター20g、塩胡椒少々、ハーブ(パセリ、チャイブなど各みじん切り適量)  グレイビーソース:玉ねぎ中1/2、 小麦粉大さじ1、赤ワイン 100㏄、バター30g、ブイヨンの素30g、オリーブオイル大さじ3

・マッシュドポテト作り方
1.ジャガイモの皮を剥いて何等分かに切り、湯を沸騰させた鍋の中に入れ、茹であがったら湯を切る。
2. 1.を潰しながらバター、豆乳を加えて全体を滑らかにし、刻んだパセリ、チャイブ、塩コショウ、粒マスタードを加え味を整える。
・グレイビーソース作り方
1.玉ねぎの皮を剥きスライスし、フライパンにオリーブオイルを入れ弱火で飴色になるまで炒める。
2. バター、小麦粉を1.に加え更に炒める。
3.赤ワイン、ブイヨンを加えて伸ばし、全体にとろみが付くまで煮込む。
最後にソーセージをフライパンで焦げ目が付くまで炒め、中まで火が通ったらお皿にマッシュドポテトと一緒に盛り付けをし、上からグレイビーソースをたっぷりとかけて出来上がり。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る