毎年冬から春先にかけ、セイジやタイムなどハーブを使って手作りソーセージを作り置きします。数本ずつ分けて真空パックをし、冷凍庫に保存すれば次の年まで長持ちします。何年もかけ改良を加え、だんだんと自分の満足のいく味が作れたという想いがあります。世界でたった一つの味の手作りソーセージは思った以上に手間暇がかかりますが、保存料や発色剤などの添加物が一切入っていないので、誰もが安心して食べる事ができます。それに食べた人皆が喜んでくれるので毎年作らない訳にはいきません。今回はそんな手作りソーセージを使って、英国の伝統料理 bangers and mash をアレンジしてみました。

・材料(2人分)
大きめのソーセージ4本(市販の物でOK) マッシュドポテト: ジャガイモ2、粒マスタード大さじ1、豆乳(牛乳でも可)20cc、バター20g、塩胡椒少々、ハーブ(パセリ、チャイブなど各みじん切り適量)  グレイビーソース:玉ねぎ中1/2、 小麦粉大さじ1、赤ワイン 100㏄、バター30g、ブイヨンの素30g、オリーブオイル大さじ3

・マッシュドポテト作り方
1.ジャガイモの皮を剥いて何等分かに切り、湯を沸騰させた鍋の中に入れ、茹であがったら湯を切る。
2. 1.を潰しながらバター、豆乳を加えて全体を滑らかにし、刻んだパセリ、チャイブ、塩コショウ、粒マスタードを加え味を整える。
・グレイビーソース作り方
1.玉ねぎの皮を剥きスライスし、フライパンにオリーブオイルを入れ弱火で飴色になるまで炒める。
2. バター、小麦粉を1.に加え更に炒める。
3.赤ワイン、ブイヨンを加えて伸ばし、全体にとろみが付くまで煮込む。
最後にソーセージをフライパンで焦げ目が付くまで炒め、中まで火が通ったらお皿にマッシュドポテトと一緒に盛り付けをし、上からグレイビーソースをたっぷりとかけて出来上がり。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る