身近な橋って、こう造られているのか!【市原市】

市原市島野で行われている青柳海保線跨道橋上部工事。市原市青柳の千種通りからJR内房線の上を渡るように設置される道路は、令和3年3月末に開通予定。市原市より工事を受注している昭和コンクリート工業株式会社の伏見謙一さんは、「この近辺は鉄道が走るため踏切があり、通勤時間に多く渋滞するようです。また、海側と山側を行き来するためには迂回が必要な場合も多いとか。弊社はプレストレストコンクリートに特化しています。それはコンクリート内部にPC鋼材を通した、鉄筋コンクリートより強度な構造物なんです」と話す。
 建設にあたり、現場に最大360トンまで吊り上げ可能なクレーンが登場!「クレーンで、重さ一本19トンの橋桁を31本架設します。設計図があり費用が決まっている中で、材料や機械の準備を含めて工事の段取りを綿密に計画しています。なにより安全第一です」と話すのは、現場管理者の大西充芳さん。
取材した12月18日は、日本大学生産工学部の学生4名が見学会に参加し、作業現場を間近に見てから説明をうけた。専任講師の山口晋さんは、「大手企業の名前を知っている生徒は多いですが、マニアックで専門性の高い現場を見ることはないので貴重な機会でした。就職活動に生かしてもらいたいです」と話すと、生徒たちからは、「鋼材がはずれたり、緩んだりすることはないんでしょうか?」など積極的に質問があがっていた。ちなみに、プレストレストコンクリートは緻密に設計されており、百年は安心して使える構造になっているという。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る