ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 アオサギ

 水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メートル50センチから2メートル近くに及ぶ。嘴と足は黄色、頭部の一部が黒く冠羽を持つ。首は白に近い灰色で前部に黒い縦班があり、羽は青灰色である。アオサギの「アオ」はその青灰色が由来だ。
 房総半島ではほぼ1年中見られるが、冬は南方へ、夏は北方へ移動するため、同じ個体ではない。市原市の山倉ダムでは初夏、100羽程がコロニーを形成。カワウの営巣跡を拝借し、嘴に小枝をくわえて運び、補修しながら営巣している。
 繁殖期以外は単独でいることが多く、水辺でじっと立って動かない時もある。あの細い足の中では、体内からの血管と足先からの血管が交差し、熱交換により体が冷えにくくなっているとのことで、寒さも大丈夫なようだ。さらに寒さをしのぐときは、片足を翼に収納し、もう片方の足で立つことがある。
 飛翔は長い首をZ字形に曲げ、翼をゆったりはばたかせ、落ち着いた印象だ。しかし、餌を採るときは俊敏である。じっと水面を眼光鋭く見つめ、タイミングを見て一瞬のうちに嘴を水の中に突っ込み、獲物を捕らえる。大物の魚は、嘴を大きく開き頭から丸飲みする。
 アオサギを見つけたらじっくり観察してみよう。心地良いスローな気分に浸れるはずだ。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る