いちはらふるさと点描 ~ちはら台古墳群~

 市原市ちはら台には、およそ180基の古墳があり、その中の牧園自然公園の一角には、前方後円墳の33号墳がある。全長42m、墳丘はテラス状の段があり、周囲から埴輪が列をなして立てられていた。筒状の円筒埴輪のほか、馬形埴輪もあり、ちはら台で埴輪をもつ古墳はこの33号墳に限られているという。その特徴から古墳時代後期後半に築造されたものと考えられ、埴輪は下総地域の埴輪に似ていることも分かっている(現在は深い雑草や雑木が生い茂って全景は確認できない)。
 公園内には川焼瓦窯跡もあり、奈良時代に瓦を焼いた窯跡が5基見つかっている。二十四葉蓮華文、均整唐草文、重敦文の文様をもつ瓦が生産されたと思われる。これらの瓦は上総国分寺の創建瓦として供給された。
 近くにはちはら台公園もあり、その一角にも古墳広場がある。草刈11号墳をはじめ12基の古墳が保存され、その他に多目的スポーツ広場、多目的広場、テニスコートやピクニック広場などがある。大型ショッピングモール「ユニモちはら台」も隣接し、一日中過ごせるエリアだ。春には公園の桜や、ちはら台駅から約4kmの歩行者専用道路「かずさの道」の桜が素晴らしい。ぜひ散策してみては。(ちはら台フォトクラブ 片山愛一)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る