いちはらふるさと点描 ~ちはら台古墳群~

 市原市ちはら台には、およそ180基の古墳があり、その中の牧園自然公園の一角には、前方後円墳の33号墳がある。全長42m、墳丘はテラス状の段があり、周囲から埴輪が列をなして立てられていた。筒状の円筒埴輪のほか、馬形埴輪もあり、ちはら台で埴輪をもつ古墳はこの33号墳に限られているという。その特徴から古墳時代後期後半に築造されたものと考えられ、埴輪は下総地域の埴輪に似ていることも分かっている(現在は深い雑草や雑木が生い茂って全景は確認できない)。
 公園内には川焼瓦窯跡もあり、奈良時代に瓦を焼いた窯跡が5基見つかっている。二十四葉蓮華文、均整唐草文、重敦文の文様をもつ瓦が生産されたと思われる。これらの瓦は上総国分寺の創建瓦として供給された。
 近くにはちはら台公園もあり、その一角にも古墳広場がある。草刈11号墳をはじめ12基の古墳が保存され、その他に多目的スポーツ広場、多目的広場、テニスコートやピクニック広場などがある。大型ショッピングモール「ユニモちはら台」も隣接し、一日中過ごせるエリアだ。春には公園の桜や、ちはら台駅から約4kmの歩行者専用道路「かずさの道」の桜が素晴らしい。ぜひ散策してみては。(ちはら台フォトクラブ 片山愛一)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る