焚き火が恋しい季節になりました。私は週末の黄昏時、陽が落ち始める前から焚く準備を始めます。我が家の焚き火台は壊れて要らなくなった洗濯機のドラムを取り外したもの。見た目は悪くても立派に焚き火台として役立っています。燃やす材料は家庭と職場から出るゴミを分類し、紙類だけを燃やしていきます。ゴミの問題を意識するようになってから量をだいぶ減らせるようにはなりましたが、それでも燃やせる紙の量が増えるとちょっぴり嬉しい気持ちになってしまいます。

 小屋の前に焚き火台を置いて、まずは柔らかい紙から火をつけ、徐々に厚めのものへと移していきます。十分に種火が出来上がったところで、今度は拾い集めておいた枯れ木の枝を少しづつ火の中へと投げ込みます。しばらくするとパチパチという小さな心地よい音がし始めて、香ばしい木の香りと共に煙が立ち昇ります。またしばらく経ち、十分に火が安定したところを見計らってから、最後に太めの薪を入れるとさらに火の勢いが増していきます。

 小屋のデッキの上に腰を下ろし、手をかざして身体全体が温まってきたら、アルミホイルで包んだサツマ芋を火の中にもぐらせます。台の上に鍋を乗せ、大好きなコーヒーを沸かし、そして燃え上がる火を見つめながら、芋がほどよく焼き上がるのを辛抱強く待ち続けます。

 辺りはすっかり暗くなり、気温もだいぶ下がって来ました。何故か懐かしい感じがする焚き火は、何万年、何十万年もの間、祖先も同じように火と共に暮らしていたという、身体の中に刻み込まれた遠い記憶が呼び起こされるからかもしれません。我々の祖先も毎日のように家族で火を囲みながら暖をとり、食事をしていたことでしょう。そろそろ火の中の焼き芋も良い感じになってきたようです。寒空の下、焚き火の側で頬張る焼き芋と熱いコーヒーの時間は、質素でも最高の一時です。

 

◇長谷川良二。長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る