編・織・縫のコラボレーション

編・織・縫のコラボレーション
テキスタイルニット作家 織田 春美さん

編・織・縫の自由なコラボが作り出す織田春美さん(64)のテキスタイルニットの世界。ひとつとして同じ作品はない。「同じものは二度と作りたくないのよ。人と違うもの、自分の好きなものだけを作りたいの」茂原市在住の織田さんは明るく笑いながら話す。
スタートは23歳の時に始めたシンプルな編み物。当時からとにかく編むことが大好きだったそう。その後、作品に変化をつけたいと思い織物を習い始め、ご主人のお母様から譲り受けた着物を活用しようと、ひも状に裂いて作る裂き編みと裂き織りを習得。そして、近年新たに挑戦しているものはフリーレースとニードルパンチ。
フリーレースとはリボンや糸を自由に贅沢に織り込んだレース作品。取り入れると衣装や帽子が豪華に見える。作り方は、水に溶ける特殊なシートに毛糸やリボン、糸を載せて方眼状にミシンをかける。その後、シートを水で溶かして形を整えるという手法。織田さんのお気に入りの作品は、娘さんの結婚式のときに作ったウェディングドレスの上に羽織るもの。キビソ(繭を作るために、蚕が一番最初に吐く糸)を使っている。
ニードルパンチは土台(ワンピースやコート)に好きな形や模様の布(綿が入ったもの)や毛糸(原毛が使いやすい)を載せ、7本の針を持ったニードルパンチ用のミシンで、布の周りを叩いてくっつけていくというもの。土台の裏側に布の繊維が出てくる。縫うのではなく埋め込むような感じ。写真は黒のロングジャケットにニードルパンチで模様をつけたもの。これも織田さんの大好きな作品のひとつ。織田さんのひとつひとつの作品の中には、これらの手法が様々な組み合わせで巧みに織り込まれている。
2年ごとに開催されている『ユザワヤ創作大賞展』では毎回入賞。2001年には、裂き織りと裂き編みを絶妙にコラボさせた紫系のワンピースで栄えある『部門大賞』を受賞。常に新しいこと、やりたいことを見つけ、チャレンジし続けている織田さん。2年ごとに作品展を開くために、1カ月に1つを目安に作品を作っているそう。作品展では展示品の販売もしている。
「みんなが私の作品を待ってくれている。周りの人々の力に支えられてここまで来ました。家族と仲間に感謝です。大好きな編み物を長い間させてくれてありがとう。これからも日々、作品作りに取り組んでいきます」と織田さん。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…
  2.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  3.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  4.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  5.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  6.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  7.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  8.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…
  9. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る