看護師の再就職をサポート

 看護師不足は全国的に叫ばれているが、千葉県の看護師不足は全国ワースト2位なのだそうだ。また、免許を持っていながら様々な理由で看護職から離れている潜在看護師は全国に71万人もおり、千葉県内でも約2万5000人いるという。そんな潜在看護師の再就職のサポートと看護師不足の解消を目的に、2月6日(木)、山武地域を対象に城西国際大学において『看護技術講習会及び看護職合同就職説明会』(公益社団法人千葉県看護協会(千葉県ナースセンター)主催)が実施された。
 講習会では、現在病院などで行われている採血や点滴の看護技術を体験。別室には山武地域の病院や高齢者施設の関係者が待機し、訪れた方々が抱えている勤務形態や子育て支援、ブランクへの不安などの相談にのっていた。
 この日訪れた人は10年、15年と看護職から離れていた人が多く、「10年も経つと、もう自信がなくて。でも子どもの手も離れたので、家の近くで再就職ができればと思ってきました」と話す女性。また「今すぐ就職は無理なんですけど、話を聞いて今後の就職に役立てたいと思って」とお子さんをおぶって参加された方も。みなさん注射針を手にすると、「ドキドキする」と言いながらも、すぐに昔の勘が戻りスムーズに採血を行っていた。
「器具の進化に最初戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れます。今は保育施設のある病院も増え制度も改正され、その人にあった働き方が選べるようになってきています。実際病院関係者と話をすることで、再就職へのきっかけになってくれればうれしいです」と話すのは、千葉県ナースセンターの常任理事、星野惠美子さん。ナースセンターでは常時再就職のサポートを行っている。

問合せ 千葉県ナースセンター
TEL 043・247・6371

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る