看護師の再就職をサポート

 看護師不足は全国的に叫ばれているが、千葉県の看護師不足は全国ワースト2位なのだそうだ。また、免許を持っていながら様々な理由で看護職から離れている潜在看護師は全国に71万人もおり、千葉県内でも約2万5000人いるという。そんな潜在看護師の再就職のサポートと看護師不足の解消を目的に、2月6日(木)、山武地域を対象に城西国際大学において『看護技術講習会及び看護職合同就職説明会』(公益社団法人千葉県看護協会(千葉県ナースセンター)主催)が実施された。
 講習会では、現在病院などで行われている採血や点滴の看護技術を体験。別室には山武地域の病院や高齢者施設の関係者が待機し、訪れた方々が抱えている勤務形態や子育て支援、ブランクへの不安などの相談にのっていた。
 この日訪れた人は10年、15年と看護職から離れていた人が多く、「10年も経つと、もう自信がなくて。でも子どもの手も離れたので、家の近くで再就職ができればと思ってきました」と話す女性。また「今すぐ就職は無理なんですけど、話を聞いて今後の就職に役立てたいと思って」とお子さんをおぶって参加された方も。みなさん注射針を手にすると、「ドキドキする」と言いながらも、すぐに昔の勘が戻りスムーズに採血を行っていた。
「器具の進化に最初戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れます。今は保育施設のある病院も増え制度も改正され、その人にあった働き方が選べるようになってきています。実際病院関係者と話をすることで、再就職へのきっかけになってくれればうれしいです」と話すのは、千葉県ナースセンターの常任理事、星野惠美子さん。ナースセンターでは常時再就職のサポートを行っている。

問合せ 千葉県ナースセンター
TEL 043・247・6371

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  2.  大網白里市を拠点に活動する『浜太鼓』は、今年結成20周年を迎えた。11月30日(土)には、大網白里アリーナで『結成20周年記念コンサート…
  3.  年々増加している児童虐待。子どもが死亡する痛ましい事件も後を絶ちません。市原市でも平成30年度では新規の虐待相談が399件と、多数の相談…
  4.  出産後すぐのお母さんは、ホルモンバランスの変化や慣れない育児で、体調を崩しやすくなっています。この時期に、医師、助産師、保健師等の専門職…
  5. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  6.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  7. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  8.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  9.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る