ユーモアを交え仏教美術を解説

『山武市仏教文化勉強会』

 もともとは公民館活動の一環だったという『山武市仏教文化勉強会』も今年で9年目という。誰にでもわかるよう、丁寧に仏教美術を解説してくれるのは、山武市川崎の宝聚寺住職で、山武仏教文化研究会会長、そして山武市と富津市の文化財審議委員も務める濱名徳順(はまなとくじゅん)さんだ。「専門分野の知識も入れながら資料は私が作っています。プロジェクター画像を用いて解説をしていくので、目で見ながら学ぶことができます」と濱名さん。
 現在会員は17名。「お話を聞いて、実際に現物を見ると、あーって思います。知らないことをわかりやすく、そのうえユーモアを交えてお話ししてくださるのでとても楽しいですよ」と会長を務める小林義明さん。高齢の女性にも、「もうどこにでも出かけるってわけにはいかないので、先生に案内していただいているみたいで楽しいです」と好評だ。
 活動は毎月第一金曜日、10時から松尾洗心館(元松尾町役場横)で行っている。26年度は『京都・西国古寺巡礼』と題し、三十三間堂や比叡山延暦寺、宇治平等院、大原三千院などを勉強予定。
 取材で訪れた日は、比叡山延暦寺だったが、濱名さん自身が修業で訪れた場所とあって、ガイドブックには書かれていないウラ話なども聞けてとても面白かった。それに先の濱名さんの言葉通り、雑誌などの写真ではわかりにくく、ましてや近くで見ることができない仏像なども、プロジェクターで拡大して見ることで細部までわかるのもいい。
「京都や奈良を訪れたとき、より深く楽しめるよう、主に仏像ですが、建築や絵画まで解説していきます。観光ガイドではなく、専門家として仏教美術のよさを伝えられればと思っています」と濱名さん。

問合せ 小林義明さん
TEL 0475・82・4101

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る