繊維たっぷり、注目の健康野菜!山武市のルバーブってご存知?

 7月10日(木)、山武市農業共同参画推進会が企画したイベント『ルバーブ収穫&ジャム作り体験』が開催され、市役所に15名が集った。台風が接近する中集った参加者たちは、一様に収穫への意気込みがたっぷり。市役所から車で5分ほどの場所にある畑へ移動すると、30分かけて収穫に臨んだ。推進会事務局の山武市経済環境部わがまち活性課の松本耕平さんは、「この企画は遊休農地解消への取り組みとして始まった。ルバーブは比較的育てやすくすぐ大きくなる上に、初夏と秋の年2回の収穫が可能。注目の食材」と話す。ルバーブとは和名を『食用大黄』といい、タデ科の作物。原産地はシベリア南部で、パイやコンポート、ジャムなどの材料として使われる。フキのように大きく茂った葉の下にある茎の部分が食用となるが、栄養と成分にも注目度は高い。「ルバーブはカリウムが多く、食物繊維もたっぷり含まれています。酵素もたくさん含んでいるので、お肉をジャムと漬けこんで焼けば柔らかくなります。葉にシュウ酸が強いので有害鳥獣の被害には遭いにくいし、無農薬でも栽培可能なので女性でも育てやすい」と話すのは、推進会会長の渡辺和代さん。味は酸味が強く、ジャムはお好みで甘さを加減できるので男性に好まれるという。大網白里市から参加した男性は、「趣味が料理で、ルバーブは東金まで買いに来る。そうめんに乗せたり、ロールケーキに混ぜると絶品。今は自宅で栽培を始めたばかり、今日は育てるコツも聞きにきた」と収穫したルバーブを手に笑顔を見せる。
 参加者はその後、調理室へ移動。ジャムとパンケーキを作った。レシピは以下。『ジャム』材料はルバーブ500gに砂糖150gのみ。まずルバーブを皮つきのまま3センチほどに切り分量の砂糖を入れて強火にかける。5分もするとすぐに形が崩れてくるので、焦げないようになべ底をヘラでかき回す。10分くらいで出来上がり。『ルバーブ米粉入りパンケーキ』の材料は、米粉200gにベーキングパウダー小さじ1と1/2、卵1個、砂糖60g、牛乳170から180cc、サラダ油大さじ1強。ルバーブ70gと砂糖大さじ1は先に電子レンジ500wで1分加熱しておく。次にボウルに卵を割り、砂糖を加えてよく混ぜる。牛乳を少しずつ加え、なめらかになったらサラダ油、ベーキングパウダーと米粉を混ぜたものを順に入れて混ぜる。そしてルバーブも足してさっくり混ぜる。出来た生地を熱したフライパンに流しいれ、表面がフツフツしてきたら裏返してよく焼いて、完成!当日は、ルバーブの砂糖漬けやルバーブジャムとの肉炒めも試食でき、「味比べができてとても楽しい。家に帰ってすぐ作ります」と参加者もルバーブの魅力に取りつかれていた。

問合せ 山武市わがまち活性課
TEL 0475・80・1214

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る